堅実女子ニュース&まとめ 11月18日は「いい家の日」! 家を建てた人が“住んで良かった!”と感じた間取りって?

もし家を建てるならどんな家にしようかな……と多くの人が一度は考えたことがあるのではないでしょうか。時間をかけて、こだわりのマイホームを建てたという人もいると思います。キッチン、収納、リビング……実際に家を建てた人が、住んで良かった「間取」とは?

<11月18日は「いい家の日」>住んで良かった「間取」は?

<11月18日は「いい家の日」>住んで良かった「間取」は?

そこで今回は、株式会社リクルート住まいカンパニーが、3年以内に注文住宅を建てた全国の男女300人に聞いた、取り入れて良かった間取りについてのアンケート結果をご紹介します。

取り入れてよかった間取りランキング TOP10

10位:ウッドデッキ
9位:シューズインクロゼット
8位:階段下収納
7位:吹抜け
6位:パントリー

10位「ウッドデッキ」、7位「吹抜け」は、間取りに取り入れることで、開放感がグッとでますよね。自宅のウッドデッキでガーデニングをしたり、お茶をしたりする生活、かなり憧れちゃいます!
9位「シューズインクロゼット」、8位「階段下収納」、6位「パントリー」と収納に関する間取りも多くランクイン。部屋をスッキリ広く見せるには、収納はとても大きなポイント。ここにしまっておけばOKという場所が決まっていると、掃除もスムーズになります。ただ単にモノがたっぷり入るというだけではなく、使いたいときに取り出しやすい収納が理想です。

続いて5位から1位をチェック!

5位:室内干しスペース

雨が続く時期は本当に助かります! ドアや鴨居を利用して室内干しをすると、部屋の中を歩くときに干された洗濯物が邪魔に……。あらかじめ室内干しをするスペースが設けられていると、雨の日のお洗濯も憂鬱ではなくなりそう。

4位:畳コーナー

“日本ならでは“な畳コーナーも人気の間取り。独立した和室の代わりに、リビングの一角に設けるスタイルが人気なのだそう。小スペースでも子どものお昼寝や洗濯物を畳む際など、何かと重宝します。畳の良い香りの上でゴロゴロするのは、至福の時間になりそうですね。

1 2