女子のすぐそこにある恐怖|脱・セカンド女子!のはずが、私だけを見つめてくれる一途な彼氏はストーカー!?~その2~

女子のすぐそこにある恐怖|脱・セカンド女子!のはずが、私だけを見つめてくれる一途な彼氏はストーカー!?~その2~

平和で穏やかな日々を過ごしていたのに、あるきっかけで世にも恐ろしい体験をしてしまう……まさに一寸先は闇。一番怖いのは人間?働く女性たちが体験した、「本当に怖いと思った」出来事を取材していく本シリーズ。菜々さん(仮名・27歳)は恋愛ではずっと二番手のポジションだったため、一途に自分を思ってくれる彼氏・公平さんと付き合い、心の平穏を取り戻していました。その一途な彼氏・公平さんの驚愕の真実の姿とは……!?~その1~はコチラ

まさかの展開、彼氏が自分の同僚に!?

「私は当時、働いていた会社で昇進したばかりだったんです。そのために、飲み会などの機会も増えていました。それを公平はとても心配していて。『仕事だから』と言っても、『相手はそう思っていないかもしれないじゃないか。菜々は美人だから』と言ってきました。『そう思ってるのは公平だけだよ!』と、そのときは冗談で終わったのですが……」

ある日菜々さんが会社に出勤すると、そこにはなんと、公平さんの姿がありました。

「『ええっ!?』とびっくりしていたら、公平は涼しい顔で『あっ、今日からこの会社で、働かせていただくことになりました、公平です』と。公平は私の知らないあいだに、中途採用という形で私の会社に入社していたんです。公平と私は元々似たような業種で働いていましたし、公平は私の会社に転職する準備をいつの間にかしていたらしくて……。私と所属部署は違いましたが、公平と私は同僚、ということになりました」

さすがにこの行動には、菜々さんも公平さんに対して引くだけではなく、すぐに別れを考えたそうです。

「『ありえないよね?』って公平に言いました。それしか言葉が出てこなかったんです。そうしたら、公平は笑顔で『同じ部署じゃなくてごめんね。でも、これで菜々のことを守ってあげられるね』と。背筋が凍りつくって、ああいうときのことを言うんでしょうね。次に私の口からとっさに出た言葉は『別れるから』でした。そう言ってその場を逃げ出しました。そこからは公平の連絡先をブロックして、会社でも極力顔を合わさないように気をつけるしかありませんでした。それでも、公平は私が帰るまで、毎日毎日ずっと会社の入り口で待っているんです。ほかの同僚に一緒に帰ってもらったりしていたものの、後をつけられていないか、不安でたまりませんでした。当時私は実家暮らしで、公平にはまだ自分の家を教えていなかったから、実家の場所を知られたくなかったんです」

一途な元カレから一転、恐怖のストーカーと変貌した公平さん。そして、恐れていたことが起きてしまいました。

1 2
アラサー iPhone 恋愛運 アプリ 美人探偵 時短 運勢 セカンド 金運 婚活 結婚 占い 浮気 不倫 派遣 恋愛 貧困女子 浮気事件簿 恋愛講座 アラフォー
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!