【セカンド女子】マラソンゴール目前の感動のシーンが一転、修羅場シーンに……。彼の隣で見つけた不倫の証拠~その1~

【セカンド女子】マラソンゴール目前の感動のシーンが一転、修羅場シーンに……。彼の隣で見つけた不倫の証拠~その1~

20~30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいます。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で派遣社員としてテレビ番組の制作会社でアシスタントとして働いている佐竹由紀子さん(仮名・32歳)。赤みのある茶色の髪は後ろの下の位置でお団子にされており、奥二重の瞳が伏し目になると見えるアイラインは太めに引かれています。服装はベージュのボリュームネックのニットにカーキのワイドパンツを合わせています。靴はローヒールのパンプスながら身長は170センチほどあるよう。ややつり上がった切れ長の瞳からは気の強そうな感じを受けますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「生まれは北海道で、両親との3人家族でした。小学生の時に両親が離婚して、私はすぐに母親の実家のある山梨県に引っ越したので、出身で言うと山梨になるんですかね。今は母親が再婚して、義父にも連れ子の女の子がいたので4人家族です。小さい頃から本当の父はあまり家にいなかったので、よく覚えていないんです。離婚してから一度も会っていないですから。今の義父が父親という実感もあまりないんですけどね。義父は優しいですが、高校生の時に再婚して、私がすぐに大学で実家を出たので、そこまで距離が埋まっていないんです。妹ともお互いにぎこちない感じのままです。実家に帰っても、よその家にいるような妙な緊張は今もあります」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校生の時です。先ほど話したように、母が再婚したのが高校生の時で、付き合っている時期から義父がよく家に来ていたんです。義父のことが嫌いだったわけではなく、女になっている母親を見るのが嫌でしたね。だから当時は家から連れ出してくれるなら誰でもよくて、最初に付き合った人はナンパしてきた3歳上の働いている男性でした。夜に駅でナンパされたんです。私は友人と2人でいたんですが、その子も声を掛けてきたグループの1人と付き合いました。彼はちょっと髪が長くて、ピアスをしていて、少し悪そうな雰囲気がかっこよかったし、当時私の知らないことをたくさん教えてくれました。最後には浮気される辛さも教えてくれましたね(苦笑)」

高校時代に付き合ったのはその彼のみ。卒業後は都内の大学へ進学し、別の短大へ進学した友人とともに都内で2人暮らしを始めたと言います。

「都内には通える距離だったんですけど、親の再婚もあって絶対に家を出たかったんです。親は強くは反対しないものの難色気味でした。私の友人も同じような感じだったので、じゃあ一緒に住もうとなったんです。その子とは山梨に来てから小学校も中学校も一緒で親同士の付き合いもあったので、2人で必死にお願いして認めてもらった感じです。

決めた部屋は2Kで家賃は9万ほど。家賃は親が出してくれて、その他の光熱費とかは2人で頑張ることになりました」

ルームシェアを強行した結果、友人を失くすことに……

1 2
婚活 美人探偵 浮気事件簿 不倫 金運 アラフォー セカンド 運勢 時短 キャリア 貧困女子 アラサー 浮気 その1 恋愛講座 結婚 アプリ 恋愛 占い 恋愛運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。