世代別の“ジュエリー”意識調査……バブル世代は半数が自分で3つ以上購入、若い世代は●%が、クリスマスにプレゼントされるのを期待!

世代別の“ジュエリー”意識調査……バブル世代は半数が自分で3つ以上購入、若い世代は●%が、クリスマスにプレゼントされるのを期待!

早いもので、クリスマスまであと1か月。今の時期は恋人へのクリスマスプレゼントとして、ジュエリーショップに足を運ぶ男性もいるのでしょうか?それともかつてのバブル時代とは違ってクリスマスに高級なジュエリーを贈る人は、あまりいない可能性も……。

ちなみに「ジュエリー」と「アクセサリー」の違いは、ゴールドやシルバー、プラチナ、天然の宝石といった希少価値の高い素材を使っているかどうかによるものだそうです。

クリスマスにジュエリーをもらいたい20代女性は46%

「プラチナ・ギルド・インターナショナル株式会社」では婚約指輪、結婚指輪以外のジュエリーを1つ以上持っている女性を対象に「ジュエリーに関する調査」を実施。同調査では好景気を知らない“ゆとり世代”が多い20代と、就職難に苦しんだ“ロスジェネ世代”を含む30代。そして好景気の恩恵を受けた“バブル世代”を含む40~53歳(以下40代+バブル世代と表記)ごとに、ジュエリーに対する価値観を調べています。

まずはクリスマスなどを含む「ジュエリーをもらいたい」と思うシチュエーションについて調査。結果は以下の通りとなりました。

40代も過ぎると、結婚記念日や交際記念日などにジュエリーをもらいたい欲求も期待感も減るようです。

「クリスマスなどの季節イベント」にジュエリーをもらいたいシチュエーションと考えているのは、30代と20代がほぼ同数で、49%と46%。一方40代+バブル世代は少なく、33.3%しかいませんでした。なんとなくクリスマスは男性に高価なジュエリーをプレゼントされているイメージが強いバブル世代ですが、実際は若い世代のほうが多いようです。ほかクリスマス以外でもすべての項目で同じような傾向となっていますが、中でも「結婚記念日や交際記念日など2人の記念日」は激減。40代になると2人の記念日へのモチベーションは低下するのでしょうか。

高価なジュエリーは年齢を重ねるほど価値が分かります。

1 2
アラフォー アプリ 結婚 恋愛講座 その1 不倫 金運 浮気 恋愛運 運勢 時短 iPhone セカンド 浮気事件簿 婚活 貧困女子 美人探偵 アラサー 占い 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。