堅実女子ニュース&まとめ “平成最後”の楽天市場番付!〜その2〜2019年の消費トレンドはコレ!

日本の消費トレンドを映し出す「楽天市場ヒット番付」が発表されました。今年は何が売れたのか?来年売れそうなものは何?そして社会的背景は何!?増税はどう絡む?さらにはファッションや結婚市場のトレンドは?婚活はどうなる?~その1~はコチラ

トレンドハンターの清水淳さんが解説してくれました。

楽天市場トレンドハンターの清水淳さん。楽天市場からパリコレまでトレンドを幅広く分析、ネクストトレンドを発掘するデータ分析のスペシャリスト。

楽天市場ヒット番付の来年の期待株、2つだけご紹介しましょう。

新元号と増税が消費のきっかけに!

期待株1 増税前の駆け込み需要

来年秋に消費税が10%に改定されます。2014年に8%に上がったとき同様の、駆け込み需要は確実と見られます。2014年で、買いだめされた商品の一番はトイレットペーパー。意外なところでは防災食品、ペット商品も増加しました。

期待株2 元年消費

みなさん、この12月、同窓会が増えていませんか?「平成最後の同窓会」で、開催率が上がっているようです。そして来年は元年消費。元年結婚、元年出産、新しい元号生まれの子供を産みたいというアラサー女性もいるそうです。そのお祝いムードが盛り上がるとき、結婚、出産、幸せなライフイベントへの期待感から、結婚式用のドレス、出産祝いの「おむつケーキ」などの検索数が伸びています。

出産祝いの定番になりつつある「おむつケーキ」。来年は出産ラッシュになるか?

キャッシュレス化の波はバッグの小型化、USB内蔵バッグへ

楽天市場ヒット番付の解説につづき、トレンドハンター清水淳さんに、キャッシュレス化の波に伴うファッショントレンド、消費トレンドを聞いてみました。

「キャッシュレスといえば北欧と中国が進んでいますが、実は海外のファッションショーを見ていると、3年前から、ほぼほぼ小さなバッグが主流になってきています。その点、日本はまだまだで、現金をお持ちの方が多いです。

しかし、これだけ国がキャッシュレス化策に取り組んでいるということは、新しい産業の創出、マーケットの創造が必要なんだってことですよね。国際化の流れの上でも重要です。東京オリンピックがありますから、日本はもっとキャッシュレス化を進めて行く必要があるわけです」

と、キャッシュレス化の流れは必然かつ必須としつつ、消費トレンドを次のように語ります。

「そこで売れているのが、小さな財布、カードケース。これはすでに売れているので、今年の楽天市場ヒット番付の大関に挙げさせてもらいました。さらに必要になってくるのが、クレジットカードのスキミング防止カードや充電器。充電器は持ち歩くのが当たり前になりつつあり、これからはデフォルトで充電器がついていたり、USB内臓のバッグが、ビジネスマンから人気に火がつきそうですね。アメリカではソーラー充電器内蔵のバッグもあり、これから日本に入ってきます」

1 2 3