堅実女子ニュース&まとめ 昭和の海外旅行といえばやっぱり「ハワイ」、では平成の海外旅行の定番といえばどこになるのか?

平成世代もハワイへの憧れの健在!一方、友達との旅行先は……?

一方平成世代の海外旅行はどうなっているのでしょうか?平成は昭和に比べると価値観が多様化し、昭和と比べると長きに渡る不況に苦しんだ時代です。昭和の常識だった「海外旅行=ハワイ」はどのように変わったのか?結果は次の通りです。

 

  • 平成世代の憧れの海外旅行先

1位 ハワイ……54%

2位 フランスやイタリアなどのヨーロッパ……49%

3位 アメリカ本土・カナダ……36%

 

  • 平成世代のハネムーンの定番旅行先

1位 ハワイ……70%

2位 グアムやサイパン……29%

3位 フランスやイタリアなどのヨーロッパ……25%

 

  • 平成世代の友達との旅行先

1位 台湾やソウルなどのアジア……44%

2位 グアムやサイパン……33%

3位 ハワイ……30%

 

面白いのは、「憧れの海外旅行先」の結果がまったく昭和時代と同じ。「ハネムーン」もやはり圧倒的1位は「ハワイ」です。昭和世代に限らず、時代が変わってもやはりハワイは日本人にとっての永遠の憧れ。しかし大きく変わっているのは「友達との旅行先」で、ハワイにかわって「台湾やソウルなどのアジア」が1位となっています。昭和時代と比べるとアジアの観光情報も身近になり、さらに日本から行きやすく値段も安いアジアに目を向ける人が増えていったのでしょうか?

アジアへ足を運ぶ人が増えつつも、未だハワイに対する憧れを持つ平成世代。次の時代には、そんな海外旅行の意識がどのように変化するのでしょうか?今から楽しみです。

 

【調査概要】
調査主体: エクスペディア・ジャパン
サンプル数: 計400名
調査対象: 20代~50代の海外旅行に行ったことのある男女
調査期間: 2018年10月26~29日
調査方法: インターネットリサーチ
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます。

1 2 3