既婚者の男女に聞いた!結婚する上で妥協できなかった点

既婚者の男女に聞いた!結婚する上で妥協できなかった点

恋愛ライターの大久保 舞です。

前回は「既婚者の男女に聞いた!顔?収入?結婚する上で妥協した点」をお届けしました。前回の記事はコチラ

妥協した点では、男女差がはっきりと出る結果となりましたが、では、妥協できなかった点となると、どうなのでしょうか。

今回は、既婚者の男女に「結婚するときに妥協できなかった点はなんですか?」とリサーチした結果を元にお伝えします。

女性の妥協できなかった点は、かなりバラける結果に

「顔。自分の好みの顔だと相手に対して怒ることがあっても許せそうだと思った」(20代・女性・専門職)

好みの顔だと喧嘩したときでも許せそう……という意見はよく見聞きします。

結婚してみて実際にどうだったかは人それぞれだと思いますが、せっかくなら顔が好みの人と結婚できるに越したことはないですよね。

「自分が相手のことを好きかどうかという点」(30代・女性・接客業)

「相手が自分のことを」ではないところがミソで、自分が相手のことを好きかどうかが妥協できない点という意見もありました。

「私の仕事に理解がある人で、お金は私が握ること。同居はNG」(30代・女性・営業)

「義両親と同居することはしましたが、キッチンの増設は絶対条件でした。女のテリトリー争いを避けたかったので。結果、正解でした」(30代・女性・クリエイター)

同居自体がNGだったという意見と、同居はOKだったけれど条件をつけたという意見が出ました。

同居はただでさえトラブルの元になるというイメージがあるだけに、同居自体できない、OKでも条件をつける、というのは賢い選択なのかもしれないですね。

「子どもの将来。本当は事実婚を希望していたのですが、授かり婚に。子どもが両親の財産の相続権を持ち、経済的に困らないようにしようと思った」(30代・女性・自由業)

事実婚には、ただ出生届を出すだけだと、戸籍上では母親を筆頭とした戸籍に子どもが入り、父親は不明……という扱いになるというネックがあります。

パートナー同士は事実婚を選択したかったとしても、子どものことを考えると結婚を選択した、という人も少なくないのかもしれないですね。

「安月給でもいいので、安定している企業に勤めている男性がいいなと思っていました。今の夫の職業は、よっぽど問題がなければ安心の職業です」(30代・女性・事務)

女性は妥協した点で相手の収入面という意見が多かっただけに、反対に収入面で妥協できなかったという意見も多いかと思っていたのですが、そんなことはありませんでした。

こちらの意見は収入面に関する意見ではありますが、「安月給でもいい」という前置きがあるので、「高収入の男性でないと結婚できない」といった意見は、一つもなかったということになります。

妥協した点とは一転、女性の妥協できなかった点は、かなりバラける結果となりました。

1 2
浮気 不倫 美人探偵 結婚 金運 恋愛講座 アラフォー 貧困女子 アプリ 恋愛運 恋愛 キャリア 婚活 セカンド 浮気事件簿 時短 運勢 占い アラサー その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。