あの人は3000円台で大丈夫?それとも5000円台じゃなきゃ失礼?誰も教えてくれない、知られざるお歳暮のマナー大調査!

あの人は3000円台で大丈夫?それとも5000円台じゃなきゃ失礼?誰も教えてくれない、知られざるお歳暮のマナー大調査!

日ごろお世話になっている方へ贈る「お歳暮」。ちょうど12月はお歳暮シーズンですが、実は月の中でも贈るのに適した時期があることをご存知でしたか?そこで今回は、百貨店「高島屋」による、贈る前に知っておきたいお歳暮のマナーについてご紹介します。

お歳暮を贈るベストな時期は12月13日から20日

まず前述のお歳暮の時期ですが、本来は“すす払い”をはじめる12月13日から20日ごろまでの間に贈るものとされていました。今では聞きなれない“すす払い”ですが、これは年神様を招き入れるために1年の汚れを払って清めることを意味します。これが後に年末の大掃除の風習へと変化していきますが、昔は12月13日が正月を迎える準備をする「正月事始め」とされ、その時期に仏壇や神棚を掃除する習わしがあったのです。

しかし現在ではすす払いの風習が廃れたため、お歳暮の時期は前倒しの傾向に。特に東日本の地域では12月初旬、もっと早い人は11月下旬から贈る人も珍しくありません。しかし西日本では前倒しの傾向はなく、12月10日あたりから贈るのが一般的。前倒しは控えたほうがよさそうです。

どちらにしても特別に急ぐ必要がないのであれば、本来の日本古来の風習に従って12月13日から20日の間に贈るのが望ましいでしょう。

お中元やお歳暮は「紅白の蝶結び」ですが、結婚や病気の回復祝い「紅白の結び切り」。水引の種類に要注意です。

1 2
占い セカンド 派遣 浮気事件簿 恋愛運 不倫 iPhone 浮気 金運 アプリ 時短 結婚 恋愛講座 運勢 アラサー 婚活 アラフォー 美人探偵 貧困女子 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!