もしかして「睡眠障害」?ちゃんと寝てるのに疲れがとれない…は老化の始まり?朝スッキリ目覚める方法をアンチエイジングのプロに聞く!

もしかして「睡眠障害」?ちゃんと寝てるのに疲れがとれない…は老化の始まり?朝スッキリ目覚める方法をアンチエイジングのプロに聞く!

おにぎり1つを最適な栄養割合で取るには?

ご飯:110g(エネルギー=165kcal、タンパク質:糖質=1:12→3g:36g)

  • 具(たらこ):10g(タンパク質:糖質=4g:0g)
  • 具(しゃけ):10g(タンパク質:糖質=3g:0g)
  • 具(ツナマヨ):10g(タンパク質:糖質=2g:0g)

おにぎりの具をそのまま残すと仮定すると、タンパク質5gに対し糖質20gになります。そして、おにぎりの糖質を16g取り除くには、約半分のご飯を取り除く必要があります。

正三角形のおにぎりの一辺が7cmと考えると、すべての角を一辺3cmの正三角形サイズで切り取ると、最適なタンパク質:糖質比となります。買ったおにぎりの約半分のサイズになります。

このおにぎりを2個とることで、最適なバランスで糖分・タンパク質を取ることができます。また、タンパク質の満腹効果により、普通サイズのおにぎり1個より満腹感が得られるので、健全なダイエットとしてもよさそうです。とはいえ、自分でそのサイズのおにぎりを作って持っていけるとベストですね。

疲れると、甘いもの(糖質)が無償にほしくなったりしますが、実は、糖質をとりすぎると余計疲れやすくなるのです。本当に体に不足していれば補う必要がありますが、「疲れた=甘いもの」という考えからくる食欲の場合、疲れは取れず、ただ太るだけとなってしまいます。

また、ビタミンC ビタミンE、ポリフェノールも頭の疲れを引き起こす酸化ストレスのケアに必要です。

そして、不足するセロトニンも補いましょう。サプリでもいいですし、野菜なら、生のほうれん草、バナナ、アボカドなどです。

メラトニンサプリを利用するのもひとつの手段です。アメリカでは、必要な栄養素はサプリで摂取して、好きなものを食べるという文化が浸透しています。不足分を食べ物で取ろうとすると、おのずと摂取カロリーが増え、「ぐっすり寝られるようにはなったが、太った」という残念な結果に陥ることも。ライフスタイルにサプリも賢く取り入れて、好きなものを食べながら、酸化ストレスを減らしていってみてください。

脳の栄養不足が「疲れが取れない」要因でした。

 

賢人プロフィール

医師
中村康宏
医師。虎の門中村康宏クリニック院長。関西医科大学卒業後、虎の門病院で勤務。予防の必要性を痛感し、アメリカ・ニューヨークへ留学。予防サービスが充実したクリニック等での研修を通して予防医療の最前線を学ぶ。また米大学院で予防医療の研究に従事。同公衆衛生修士課程修了。帰国後、日本初のアメリカ抗加齢学会施設認定を受けた「虎の門中村康宏クリニック」を開院。未病治療・健康増進のための医療を提供している。

賢人のまとめ

眠っても疲れが取れないのは、「栄養」不足が原因かもしれません。タンパク質、ビタミンC ビタミンE、ポリフェノールで酸化ストレスに対抗しましょう。

1 2 3
アプリ 恋愛講座 セカンド 浮気 金運 アラサー アラフォー 浮気事件簿 美人探偵 恋愛運 恋愛 時短 その1 占い 貧困女子 婚活 不倫 運勢 iPhone 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。