元アイドルが語る、アイドルの恋愛・結婚とファンの存在~その1~

元アイドルが語る、アイドルの恋愛・結婚とファンの存在~その1~

アイドルは基本的に嘘をついている?

男性でも女性でも、アイドルは「キャーキャー」言われるために存在します。つまりは主に異性にモテる存在です。しかし、ファンというのは「所詮はファン」という恐ろしい側面も持っています。

例えば、16、7歳以下くらいのアイドルを好きなファンがいるとします。そしてそのアイドルがツイッター・インスタをやっているとします。すると当然そのアイドルファンはアカウントをフォローしているのですが、同時に「同じライン」のアイドルのアカウントもフォローして、同じようなコメントをしています。

つまり、すべてではありませんが、アイドルファンというのは「その層」が好きなのであって、16、7歳の美少女、若いイケメンが好きなのであって、「その人」だけを好きなわけではないのです。

さて、ここから、先に書きましたようなファンの中の「例外ファン」についてお話いたします。 アイドルの握手会などで、刃物を持って事件を起こしてしまったり、スタッフに「出入り禁止」を提示されたりするファンも数パーセントの確率で存在します。こういうファンはある意味ではあれこれ手を出しているファンと比べると「一途」です。他のアイドルには見向きもせず、小さなイベントにも参加しますし、もちろんすべてのグッズを大量に購入し、人生のすべてを捧げているかのように生活しています。 アイドル側に迷惑でない場合、これは「おいしい客」です。アイドルも野菜と同じで賞味期限のある商品ですので、限られた時間内にどれだけ稼げるかが大事ですので。

また当然ですが、アイドルの裏側をピュアなファンが知ると愕然とするでしょう。彼氏彼女がいないアイドルなんて聞いたことがありませんし、むしろ「お盛ん」なくらいです。がしかし、そういう経験をしているからこそピュアで純粋な「フリ」をできるのだとも言えます。そう考えると、決して世間的には「性格が良い」とは言えず、一般的な人と安定した結婚をするのは難しいのかもしれません。

秋葉原にAKB48劇場ができて、はや14年。今やアイドルは誰でもなれる!

そんな自己顕示欲の強いアイドルが狙う結婚相手とは……!?~その2~に続きます。

コラムニストプロフィール

小川満鈴
おがわみな……子役から、十代前半にいわゆるジュニアアイドル(チャイドル)を経て現在はコラムニスト・ジャーナリストとして活動している。また、セーラームーンのマニアであり、日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。2016年に結婚したが、その相手が自他共に認めるブサメン……。しかし、だからこそ見えてきた幸せ感覚を大事に、婚活に悩む女性・男性の相談も多く受けている。
1 2
アラフォー 結婚 不倫 運勢 iPhone 占い アラサー セカンド 金運 時短 美人探偵 派遣 恋愛運 浮気事件簿 浮気 恋愛 貧困女子 アプリ 婚活 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!