【沼にはまる女たち】やめられない若作り。実年齢を受け入れられない女性が行なった年齢詐称の代償~その1~

【沼にはまる女たち】やめられない若作り。実年齢を受け入れられない女性が行なった年齢詐称の代償~その1~

出会いの場ではキレイよりかわいいほうがモテた

30歳を手前に友人を頼っての合コン、紹介、さらには異業種交流会という名の婚活パーティーにも足を運ぶようになります。そこではできる限り若く見えるよう、メイクのほかに服装などもはっきり意識するようになったと言います。

「メイクは流行りを気にするようになり、流行の色味は必ず取り入れました。髪型もパッツン前髪にして、やや短めにするようになりました。そうすると目力が強調されて、より幼く見えるんですよ。それに私は身長が155センチくらいなのでいつもヒールを履くようにしていたんですがやめました。小さいほうがかわいいイメージを持ってくれる男性も多いから。当時は若作りというより、いかにかわいく男ウケするかに焦点を置いていたと思います」

30歳になったばかりの時に、合コンで知り合った24歳の男性からの猛アプローチで付き合うことに。彼に見初められたことで自分は若く見えるんだと自信にもなり、ますます力を入れていったそう。

「その彼は第一印象から私を気に入ってくれていたみたいで、後日2人で遊びにいった時に『同い年くらいかと思っていた』と言ってくれて。20代半ばに見えるんだと本当に嬉しくなりました。

この時くらいから美顔器などにハマりましたね。イオンスチーマーを買ったり、美容液の導入器、毛穴を小さくするために肌を冷却する温冷美顔器などを買いあさりました。基礎化粧品にお金をかけましたね。デパートなどにいる美容部員さんにあまりにも質問をするから、『同業者の人ですか?』と疑われたほどでしたから」

メイクは淡い色を好むようになり、そのメイクが似合う肌になりたいために美顔器を購入。

6つ年下の彼氏の影響で読むファッション誌は変わり、さらにはメイク、服装が似合うように美容代にお金をかけていくことに……。~その2~に続きます。

1 2
アプリ アラフォー 浮気 占い 結婚 運勢 浮気事件簿 不倫 時短 その1 キャリア 婚活 セカンド 貧困女子 恋愛講座 金運 アラサー 恋愛運 美人探偵 恋愛
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。