堅実女子ニュース&まとめ 大晦日は「紅白」と「笑ってはいけない」、どっちを観る?今どきの年末年始の過ごし方大調査!

運勢が気になるお年頃?おみくじが一番好きなのは10代の女性!

さらに1位の「初詣」と10位の「おみくじを引く」にも着目。どちらも長きにわたるお正月の定番行事ですが、こちらも性別や年代別でやる人とやらない人に差は出るのでしょうか?調査した結果は以下となっております。

男女とも年齢とともにおみくじを引く割合が低下。年を取ると、大吉でも凶でも関係ナシ!

初詣は若干女性が男性より多い傾向にありますが、どの年代でもおおむね4割から5割の人が実行。世代間の差はほとんどありません。一方おみくじも男性より女性に好まれており、年代別に見るとどちらも若い人ほどおみくじ好きであることが分かります。

日本人のお正月といえばやはり初詣!でしょうか。

また同調査では「年末年始の過ごし方」のベスト10のほかにも、やっている人が少なかった下位の調査も行なっています。こちらもチェックしてみましょう。

  • 11位~20位までの「年末年始の過ごし方」

11位 年賀の挨拶をメール・メッセージで送る……27%

12位 「箱根駅伝」を観る……23%

13位 鏡餅を飾る……20%

14位 年末年始のセールで買い物をする……16%

15位 お守り・破魔矢・絵馬を買う……15%

15位 しめ縄・しめ飾りを飾る……15%

17位 お年玉をもらう……14%

18位 福袋を買う……11%

19位 親せきに年賀のあいさつ回りをする……11%

20位 「ゆく年くる年」を観る……10%

 

もう1つの国民的年越し番組「ゆく年くる年」は20位で10%。ちなみにこの番組の放送開始は紅白よりもはるかに古い1927年で、当時はラジオ放送だったそうです。ランキング的には下位となっていますが、古き良きこちらの番組の文化も、後世まで残したいものです。

 

【調査概要】
調査主体:LINE株式会社「LINEリサーチ」
調査対象:日本全国 10歳以上の男女
実施時期:2018年11月22日~30日
有効回収数:422,402サンプル

1 2