堅実女子ニュース&まとめ 難病モノの感動作、そんな先入観を心地よくブチ破る!――映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞を受賞した原作を、『陽気なギャングが地球を回す』『ブタがいた教室』の前田哲監督が映画化した『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』。筋ジストロフィーと闘う主人公と彼を支えるボランティアとの交流を描く人間ドラマ――けれど、ただのお涙頂戴!とはまったく違う奥行きを備えた物語なのです。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』 (c)2018 「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

『こんな夜更けにバナナかよ』
(配給:松竹)●監督:前田哲 ●出演:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、萩原聖人、渡辺真起子、宇野祥平、韓英恵、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子
●12月28日全国ロードショー

(あらすじ)
幼少のころに筋ジストロフィーを発症、病が進行して首と手しか動かせない鹿野靖明(大泉洋)。24時間、介助が必要にも関わらず、自立して生きる!と病院を抜け出し、札幌市内のケア付き住宅で一人暮らしを始める。大勢のボランティア(=ボラ)を集め、彼らのおかげでなんとか生活を続けられるのにわがまま放題、おしゃべりでどこか偉そうな鹿野。ボラのひとり、医学生の田中久(三浦春馬)に会いに来た安堂美咲(高畑充希)は「鹿野さんは何様?」とブチ切れる……。

原作は高評価を受けたノンフィクション

なるほどなるほど、筋ジストロフィーの人がボラの手を借りて自立して暮らす話か。大泉洋が主演だし……笑って泣けるカンドー的な映画かな?――この映画の大まかな内容を読んで、そう考える人は多いはずです。それでいて実際に笑えるし泣きそうなほどぐっとくるのだけど、想像とはぜんぜん違った質の感覚が残ります。『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』はそんな映画なのです。

そもそも原作は大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をW受賞した作品です。鹿野靖明さんは1959年札幌市生まれ。11歳で進行性筋ジストロフィーと診断され、家族と離れて専門の病棟に入ります。18歳で車いす生活となり、障害者が自立した生活を目指して働く施設に入所。23歳でそこを飛び出して自立生活を始めます。

原作者の渡辺一史は当時、北海道を拠点としたフリーライターでもともとボランティアに詳しかったわけではなく、依頼を受けてこのテーマに取り組みます。彼がまず興味を持ったのは、なぜたくさんの人が自分の貴重な時間や労力を割いて一銭にもならない鹿野のボラに携わるのか?そこで2年4か月にわたって取材し、『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』(文春文庫刊)を書き上げました。

映画を観ていて、ずっと心の中で繰り返し浮かぶ疑問もまさにそれでした。なぜこの人たちは家族でもない鹿野のためにボラを?――その答えを見つけ出そうとあれこれ物思いにふけるうち、この映画が描こうとしている(かもしれない)奥深い真実が見えてくるのです。

高畑充希演じる安堂美咲は、なりゆきで鹿野のボランティアをすることになる。

1 2 3