堅実女子ニュース&まとめ 昨今の「激辛ブーム」の陰にパクチー&山椒あり!? 2019年はスパイス元年となるのか

2018年の元号の変わる2019年は、スパイスにおいても”元年”とも言うべき、新たな食文化が幕を開ける年になるかもしれない。

身近になった“スパイス”。2019年の注目は?

身近になった“スパイス”。2019年の注目は?

日本人は「スパイス」や「ハーブ」に対してどこか構えたところがある。日本にだって山椒や唐辛子、紫蘇といった和を感じさせるスパイス&ハーブはあるし、「薬味」と呼ぶ使い方なら好みに応じて使い分けられるのに、「香辛料」となると途端に高い垣根のように感じてしまう。

だがこの数年、そうした苦手意識が払拭されるようなブームが連続して起きている。2016年には薬味としてのパクチーの存在感が注目を集め、その名を冠した調味料も一気に増えた。2017年には「大阪スパイスカレー」がブレイクし、2018年に訪れた何度めか(第2次説から第5次説まで諸説ある)の激辛ブームではそれまでの「激辛」に新たな要素が加わった。スパイスとハーブ関連のブームが毎年のように起きているのだ。

中国料理において、”麻辣味”と表現される味わいがある。”麻”は山椒や花椒のしびれるような味わい、”辣”はおなじみ唐辛子の辛さ。この2種類の異なった味わいで構成されるのが”麻辣味”だ。

つい最近まで、大衆中華や食堂で提供される麻婆豆腐にはしびれの”麻”の要素は少なかった。麻婆豆腐ほとんどが唐辛子の”辣”だったが、この数年で大衆中華店でも花椒で仕上げるような店も増えてきた。さらには中国料理店を中心に山椒油のような香味油でアクセントを効かせたり、旬の実山椒を使った鍋などを出す店が続々と増え、”麻”という味わいが定着しつつある。

パクチーや山椒などこれまでなじみが薄かったり、使い方が限定されていたハーブやスパイスが日常の食の場面に登場するようになり、スパイスカレーが局所的に盛り上がったことで、日本人のスパイスリテラシーの向上は可視化された。

1 2