堅実女子ニュース&まとめ 即レスはNG! 婚活のプロが明かす “モテないLINE”の特徴【働く女性の“モテ道場”】

成婚率80%の婚活アドバイザー、植草美幸です。結婚相談所の代表として、恋愛コラムニストとして、婚活中の会員や読者さんの話を聞いていると、ほとんど恋愛経験がないままに大人になる人がとても増えているようです。

そのせいでしょうか。せっかく出会いがあってもLINEやメッセージのやりとり止まりで恋愛が前に進まない男女が非常に多いのです。大人のパートナーシップを築きたい、結婚を見据えたいという大人の男女がこれではいかがなものか! ということで、やりがちだけれどやってはいけないLINEテクを5つ紹介します。

LINEは時間の無駄?

LINEは時間の無駄?

1.LINEで相手のことをよく知っていく

これこそ時間の無駄! 相手のことは会ってみなければ、何も分かりません。グズグズとやりとりをしていたら、別の人に取られてしまうかもしれません。お互いにいいなと思っていた気持ちがクールダウンすることもあるでしょう。やりとりの目安は出会いから2~3日と心得、サッサとこちらから具体的な日程候補を挙げて、相手に選ばせてあげましょう。細かい話は会ってから! これは鉄則です。

2.毎晩決まった時間にLINEする

相手をつなぎとめようと、毎晩せっせとLINEやメールを送る人がいるようですが逆効果。相手はそれが当たり前になり、ワクワク感がなくなるどころか、「またか」と返信の義務感さえ感じるようになります。恋愛初期からこれでは、相手に主導権を握られ、振り回されるきっかけになりかねません。あくまで自分のペースで、自分の都合で思いつくままに送りつけるくらいでいいのです。

即レス注意

3.スタンプや絵文字を多用する

堅苦しい雰囲気にならないようスタンプや軽めの文体を……というテクニック、私はお勧めしません。大人の男性から絵文字やスタンプがバンバン送られてきたら、「年齢の割に幼稚だな(むしろ、キモい!)」と会う前に冷めてしまうなんてことはないでしょうか。本当は真面目なのに、あなたにあわせて無理をしていたのかもしれません。こうした「モッタイナイ幻滅」を生まないためにも、相手をよく知る前はお互い硬めの文面にしていたほうが無難です。

1 2