堅実女子ニュース&まとめ 旅行通が海外旅行に必ず持っていく「便利グッズ」とは?

常備薬や傷薬

現地で薬が必要になって、薬局を探して、外国語で苦労して買うよりは、常備薬を用意していった方が断然安心です。

薬によっては、病院の処方箋がないと、高価な値段で買う羽目になることもありますし、日本人の体質にはやはり日本の薬があっているかと思います。

薬によっては、病院の処方箋がないと、高価な値段で買う羽目になることもありますし、日本人の体質にはやはり日本の薬があっているかと思います。

私は、普段から頭痛薬、整腸剤、目薬、乗り物酔い止め、傷薬、絆創膏は必ず持ち歩いてます。 頭痛持ちなので、バファリンなどの頭痛薬の他に、コメカミに塗るタイプの頭痛に効くオイル、うなじにスプレ―するタイプのハッカ油(これは乗り物酔いにも効きます)も持ち歩き、順番に試します。傷薬は「メモA」で、やけどや虫刺されにも使えて重宝しています。 旅行に出るときは、他に風邪薬、のどの痛み用のスプレー、うがい薬を持っていきます。

便利なスマホアプリ

海外で便利なアプリとしては、Google Mapは街歩きのときはもちろん、長距離移動のとき鳥瞰図を使って、車窓から見える町や機上から見下ろす湖などの名前を知るのに便利です。TheForkはヨーロッパ各国の主要都市で利用できる、レストラン予約サイト・アプリです。TheForkを通して予約すると割引があったりして、半額になる店もあり、普通に予約するより絶対お得です。しかも予約のたびにポイントがたまります、例えば10回予約したら10ユーロ割引というように、長期旅行ならすぐにポイントがたまって、11回目の食事で利用できますよ。また、Currency Converterは、両替の時だけでなく、買い物のとき日本円に換算するのに便利です。レートはアップデートされるし、swap機能ですぐに逆換算できて、重宝してます。

特典つきクレジットカード

旅行にクレジットカードは必携ですが、海外の店で特典があるカードもありますので、事前に調べておくといいですね。また日本のサービスがそのまま海外でも受けられることがありますので、日本でしか使えないと思って持って行かなかった、ということがないように。例えば三越カードを持って行けば、三越の海外店舗でも同様のカード割引があります。

小さなバッグ

ホテルの朝食のときなど、貴重品だけ入れる小さなバッグがあると便利です。「貴重品は肌身離さず」なので、部屋に置きっぱなしは禁物です。でも、もちろんそのバッグで席取りはしないでくださいね、料理をとって席に戻ってきたときには、もう盗られてるんで!(酒井香織/citrus)

 

 

1 2