堅実女子ニュース&まとめ 空港のセキュリティチェックをスムーズに通過するコツ

コート・マフラー類は脱いで荷物と一緒にチェックを受けるので、冬場は当日は重ね着せず、コートも脱ぎやすく、かさばらないタイプを選びます。セキュリティチェックに向かう前の時点で、すべて脱いで、手に持っておきます。

ポケットの中に入っているスマホ類もこの時点ですべてカバンに入れておくとスムーズです。貴重品袋を首から下げている方も、袋の中に金属製のものが入ってないかご確認ください。パソコンはケースから出すように言われるので、こちらもこの時点で出しておき、すぐにトレイにそのまま載せられるようにしておきます。

当然のことですが、ドリンク類をお持ちの方はここで飲み切るか、捨てていきます。また、セキュリティチェック後、空港内の水飲み場で水を汲むためのボトルを持って行く場合、空のボトルをセキュリティチェックのとき荷物の中に入れてしまうと、カバンを開けるように言われる可能性があるので、出しやすいところに入れておくとよいと思います。

自分の順番が来たら、キャリーケースやコートなどからトレイに乗せていき、貴重品は一番最後に、自分と一緒に向こう側に出てくるくらいのタイミングでトレイに乗せます。搭乗券やパスポートは手に持ったままで。自分が使ったトレイが何個なのか、よく覚えておきます。メタルディテクターを通るときは、焦らず、ゆっくり通りましょう。

セキュリティチェックが終わったら、最初にまず貴重品が入ったバッグをとります。そして、トレイの数を確認しながら中に置いたものをピックアップ、トレイの中に忘れ物をしないよう1個ずつ確認します。通常、荷物整理のためのスペースがありますので、ゆっくり落ち着いてチェックします。パソコンをケースに戻し、カバンにしまいます。

搭乗券とパスポートも、セキュリティチェック後すぐ使うことが多いので、そのまま手に持っておくとスムーズです。直行便で出発する方はこれで安心ですが、乗継便がある方は、また乗り継ぎ空港で同じことを繰り返すことになるので、油断しないように!

ではお気をつけて、行ってらっしゃい。(酒井香織/citrus)

 

 

1 2