堅実女子ニュース&まとめ 意外と多い“社長室に神棚” なぜビジネスエリートたちは“神様”を頼るのか?

これからの時代のビジネスで成功するために求められるものはなんでしょうか。
組織をマネジメントする力、未来を見通す視点、ニーズを的確につかむ目。

確かにそれらも重要です。でも、もう一つあげるとするならば、それは自分が育った日本の文化や歴史、宗教についての知識なのかもしれません。

例えば、今後ますます増えるだろう海外の企業やビジネスマンとのコミュニケーション。その中で「君たちの国はどんな文化や歴史があるんだ?」と聞かれたときに、すぐに答えられるでしょうか。

その人の教養の豊かさの表す一つの指標にもなりえる、自国の文化や歴史。
その中でも特に押さえておくべきなのが「神仏」です。

そう指摘するのは『ビジネスエキスパートがこっそり力を借りている日本の神様』(サンマーク出版刊)の著者である神道家の道幸龍現さん。

ブランドコンサルタントでもある道幸さんは、ビジネスパーソンが「神道」について知っておくべき理由を次のように述べます。

ブランドとは何かを一言でいうなら「歴史」です。人は皆、ブランドの歴史に価値を見出すからこそ信頼し、高額でも手に入れたいと思います。
他の追随を許さない長い歴史をもち、いまでも人々に敬われ、守られているブランド。
それは、伊勢神宮です。
三重県にある伊勢神宮は2000年の歴史を誇ります。(本書p.9より引用)

長い歴史を誇る「神道」。それこそが日本人が誇るべきブランド。そして、その日本が誇るこのブランドを身に付けることが、海外と対等に渡り合ううえで大切な要素となると述べます。
そしてもう一つ、重要な点を指摘します。

神道こそ、日本人の精神の根本にある「意識のOS(オペレーティングシステム)」であり、日本人のためにある成功法則なのです。(本書p.10より引用)

社長室や役員室に「神棚」が多い!?

社長室や役員室に「神棚」が多い!?

1 2