堅実女子ニュース&まとめ あの“都市伝説”はある意味ホント? 「ディズニーデート」で露呈する男の器と女の本音

千葉県浦安市舞浜。どこからどうみてもまごうかたなき千葉県内であるこの場所に、東京ディズニーランドという夢の国が開園したのは1983年のこと。開園当初から100万人以上(開園1年目のみ99万人。現在はランド、シーの合計で300万人UP)もの来園者数を誇るディズニーリゾート(以下、TDRと記載)の開園後すぐに人々の口に上ったのは「カップルでTDRに行くと別れる」という都市伝説だった。

夢の国で感じた女性の本音をチェック

そんな都市伝説が生まれてから今年で34年。TDRに行くと、なぜ別れることになるのか?TDRに行ったことで彼氏と別れた経験を持つ女性たちから、意見を募ってみた。

最も多かった意見は、アトラクション待ちの途中で幻滅したという意見。

「彼氏の機嫌が超絶悪くなり、お互い無口に。ひたすらスマホ見て過ごすだけって感じになって、彼の充電が途中でなくなってからは、気まずさだけが残った」

「60分待ち以上の看板が出ているアトラクションは、どんなにお願いしても並んでくれなかった。休日なんて、どれも120分待ちが当たり前なのに!!」

次いで、食事関連。

「キャラメルポップコーンが食べたかったのに、『並んでいるからイヤ。あっちのほうが空いてる!』と言って、食べたくもないカレー味のものを買われた。しかもケースじゃなくて箱だよ、箱!」

「レストランのレジ前で、ムダに『高っか!! セットにしたらどれも1500円超えるじゃん!! なんでお前、弁当持ってこないんだよ』って言われて、その場から逃げ出したくなった」

そして、こうしたイライラが募った結果、性格の悪さを露呈し始めるという意見。

「途中から、並んでる人やキャストの悪口をブツクサと言い始めた。疲れてたんだろうけど、男なのに心狭すぎて無理ゲー状態だった」

「閉園間際のゲートで、疲労MAXであろうキャストの人が笑顔で手を振っているのを見て『俺、どんなに落ちぶれてもあんな仕事できないわ~』って……確かにオマエには100年経ってもムリだ!って思った」

そして話を聞き終わった後。一様にこう答えていたのが印象的だ。

「でもさ、TDRに行くと、人間として“ダメ”な男が見極められていいよね?」

こうしてフラれることになった男たちは、何をどうするべきだったのか。

こうしてフラれることになった男たちは、何をどうするべきだったのか。

1 2