堅実女子ニュース&まとめ 41歳・郵便配達員が東京大学へ!仕事と学生の両立をやり抜いた東大OBの実話

あなたは40歳にして、仕事をしながら大学に入学するという決断ができるだろうか。聴講生や大学院生としてではなく、フルで単位を取る社会人大学生として、だ。

確かに会社に通いながら大学に通っている人もいなくはないが、仕事との兼ね合いもある。平成27年3月の文部科学省の集計データによれば、大学(学士課程)への社会人入学者数は10162人で、大学院生(17517人)、科目等履修制度(12860人)に劣る(*1)。

大学は学び直しにうってつけの場所。しかし、やり抜くにはハードルが高い。
そんな印象を持っている人は多いのではないか。

現在63歳の小川和人さんは、江戸川郵便局集配課に勤務していた1997年、41歳にして東京大学教養学部文化III類に入学。2001年にストレートで卒業した。

40代という働き盛りの年齢であり、妻に2人の子どももいる。明治学院大学を卒業しているので学士も持っている。そんな、小川さんは6年以上も受験勉強し、東大に入った。東大で哲学を学びたいと思っていたためである。
『41歳の東大生』(草思社刊)は、当時の4年間を中心にエッセイ形式で振り返る、社会人大学生の生活を垣間見ることのできる一冊だ。

必修科目を落とさないために、1時間単位で有給取得を申し出たら…?

大学の履修登録はおおむね1、2年次は必修科目で埋まってしまうことが多い。必修科目はその名の通り、必ず履修しなければいけない講義なので、単位を落してしまうと最悪卒業にも影響が出る。
特に東大は1、2年生が前期課程、3、4年生が後期課程と分けられている。駒場キャンパスの前期課程で単位を取れなければ、本郷キャンパスの後期課程に進学することはできない。
「働きながら」という縛りがある小川さんにとって、留年はイコール中退を示す。卒業するには、2年でしっかりと必修単位を取ることが求められるのだ。

しかし、一度大学生を経験している小川さんにとって、「1、2年生の必修科目の多さは想定内」。勤務している郵便局の配達班の副班長と相談し、時間割に合わせたアクロバティックな裏技――1時間単位での有給取得を申し出た。
副班長はその申し出に「いいよ。好きなように休みを入れていいって、言ったじゃないか」と快諾。1週間あたり11時間の時間休暇の取得で必修科目にすべて出席できるスケジュールを作ったのだ。

『41歳の東大生』(草思社刊)

『41歳の東大生』(草思社刊)

1 2