堅実女子ニュース&まとめ 「キスしたくないんです…」夫を生理的に受けつけられなくなってしまった女性の心理

夫のことが大嫌いなわけではない。モラハラされているわけでもない。言いたいことは自分から言う。そんな関係を築いているのに、「とにかく夫とはボディコンタクトをしたくない」と苦笑するのは、ルミさん(40歳)だ。結婚して10年、8歳の息子がいる。

夫とのボディコンタクトは避けたいけれど

「赤ちゃんって、とっても気持ちがいいんですよね。抱きしめたりほおずりしたり、とにかくすべすべしていて柔らかくて。そんなときに夫が私の手を握ってきたことがあるんですが、背筋がぞっと寒くなった。無理だ、と思いました」

さりげなく振り払った日のことを、ルミさんは鮮明に覚えている。以来、夫と肉体的接触をしたくなくなった。

「それでも夫にしつこく迫られ続け、断ると浮気されそうだなと思ったので、しかたなく応じたことはあります。そのときもキスだけはしなかった。歯の治療をしていて痛いからと理由をつけました」

それならやめておいたほうがいいよね、と夫は自分のベッドに戻っていった。なるほど、どこかが痛いと言えば夫は引き下がるのかと彼女は学んだという。夫はボディコンタクトが大事だと考えているようで、それからも通りすがりにさりげなくルミさんの体に触れたりする。そのたびに、ルミさんは全身鳥肌が立つような気持ちになった。

「生理的に受けつけなくなっていたんですよね。触れられてヘンに挑発してくるくらいなら、さっさとセックスしてさっさと終わってくれたほうがマシだなと思いましたね」

とはいえ、彼女に性欲がないわけではない。

夫だけは無理なのだ……

夫だけは無理なのだ……

1 2