堅実女子ニュース&まとめ 洋服のお着換えまで?! カフェで遭遇した、なんちゃって(?)インフルエンサーの呆れた実態に辟易…

先週の日曜日。銀座の少しはずれにある、某老舗カフェでインフルエンサー……らしき小集団に遭遇した。

年のころは20代前半くらいか? キャバ嬢風の派手めなファッション&茶髪の巻き髪を装った女子3人組で、私らが席に着いてホンの数分後、となりの席にやって来た。

このカフェはどうやら、色とりどりな鮮やかな外観の、いわゆる「映える」なフルーツ系スイーツが売りであるようで、店員さんが大皿に乗った複数のケーキやタルトを運んできて、自由にチョイスできるシステムだ。「可愛い?」「むっちゃ美味しそう?」……などと叫声をあげながら銘々がスマホで撮影をしている。

ちょっと写メタイム長すぎなのでは……とは一瞬思ったものの、ここまではまあ、よくありがちな……むしろ微笑ましいシーンだと言えなくもない。ところが! ここからまもなく、雲行きがいささか怪しくなり出すのであった。

彼女らがオーダーしたケーキが3種類、ドリンクとともにテーブルへと運ばれる。パシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャパシャ……と永遠に続くのかのごとく止まることのない連続のシャッター音。3人が3人とも、ワンシャッターごとに座り・座り中腰・立ち中腰・立ち……を何度もリフレインしながら微妙にカメラ(=スマホ)の角度を変えている。次に、銘々が自撮りをはじめ、ブツブツ独り言をつぶやいている。おそらく動画撮影中なのであろう。この段階でようやく私は察することができた。

「ああ! この子たちは今流行りの(?)インフルエンサーってヤツなのか…」

……と。彼女らのインフルエンサー(らしき)な動きは、ますますエスカレートしていく。次は、お互いにカメラ(=スマホ)を向け合っての撮影会。おのおのが“映えるスイーツ”を前に、必勝のポーズと貼り付いたみたいな笑顔をキメつつ、ワンシャッターごとに撮られた写真をチェックしては、「もっとこっちの角度から」「もっとケーキを大きめに」……とダメ出しを入れ、また再撮。ちなみに、インフルエンサーなるヒトたちは、まず動画をザックリ撮ってからインスタのストーリーで予告編的に投稿し、写真は精査と修正を重ねた“厳選作品”を、日またぎで自身のアカウントにアップする……のだそう。すでに30分以上は軽く経っている。私らはとっくにオーダーしたランチを食べ終えている。彼女らは、まだ一人もオーダーしたスイーツに手を付けていない……。

最近よく耳にするインフルエンサー……

最近よく耳にするインフルエンサー……

1 2