堅実女子ニュース&まとめ 「生活レベルではすごくいい人」夫婦の性格や価値観は、似ているほうがいいのか、大きく違うほうがいいのか

もっといろいろな人と知り合いたい妻、家族だけで静かに暮らしたい夫

カホリさんは自分の世界をどんどん広げていきたいと思って生きてきた。結婚し、子どもが産まれたら、さらに知らない世界を知ることができると思っていた。

「実際、私はママ友の世界も見ているし、ママ友や近所の人たちを通じて、いろいろな人と知り合っています。あちこちの飲み会にも時間が許せば出かけていきたい。だって世の中、いろいろな人がいるんだから、知り合いたいじゃないですか」

ところが夫は家族だけで静かに暮らしたいタイプなのだという。だから週末、土日のどちらかは子連れで出かけていくカホリさんに、「もっと落ち着いた生活をしたほうがいいんじゃないか」と言ったことがある。数ヶ月前のことだ。

「子どもにたくさんのことを経験させたい、私ももっと楽しく暮らしたい。あなたこそもっと外に出て知らない人と触れあって自分を成長させたほうがいいと言い返したんです。それ以来、夫婦関係は微妙なんですよね」

互いに肝心なところには踏み込まなくなった。その分、夫との会話が減った。それが今のカホリさんのゆううつのタネだという。

こういう価値観の違い、好みの違いはどちらかが無理して合わせるものではないのかもしれない。だがそこから亀裂が入りやすいのも確か。今のうちにお互いを尊重しあう姿勢を作っていく道を探れないものだろうか。(ノンフィクションライター 亀山早苗/citrus)

 

 

1 2