堅実女子ニュース&まとめ 話題のZoomって、どんなサービス?使い方と気をつけておきたいこと

在宅勤務にシフトする会社が増えてきたのにあわせて、「Zoom(ズーム)」というオンライン会議サービスがあちこちで話題になっています。オンライン会議ができるサービスが他にもたくさんある中で、なぜZoomばかりが注目されているのでしょうか?その理由や基本的な使い方、気をつけておきたいポイントなどをご紹介します!

無料でカンタンに、登録無しでもすぐに使えるのがメリット

Zoomは米国に本社があるオンライン会議サービスで、2019年4月に株式上場を成功させたスタートアップとしても注目を集めていました。マイクロソフトのSkypeやGoogleのハングアウトなど、同じようなサービスがたくさんある中でZoomが話題になっている一番の理由は「無料で登録無しでもカンタンに使えること」があげられます。

Zoomは無料でサインアップ無しでもすぐに使える。

たとえば、Zoomは無料でアカウント登録ができますが絶対に必要ではなく、オンライン会議(ミーティング)には送られてきたURL(パーソナルリンク)をクリックするか、ミーティングIDを入力するだけで参加できます。ブラウザからサービスを使う場合、最初にアプリをダウンロードするよう画面にメッセージが表示されますが、スキップしてもカメラとマイクの設定だけちゃんとしておけば問題なく使えます。

テレワークには会社で支給されたパソコンを使っているので設定を変えたくない、追加でアプリがダウンロードできないという場合でも、オンライン会議が気軽にできる便利さがZoomの人気の理由なのです。

ミーティングにはURLやIDを使えば誰でも参加できる。

そして、Zoomはスマホやタブレットでも使うことができます。専用アプリが必要ですが、もちろん無料で、アプリからもアカウント登録はしなくてもミーティングに参加できます。

ただし、こうした便利さを実現するためにセキュリティー面はやや甘くなっていて、パスワードが設定されていないミーティングに乱入する「Zoomboming(ズーム爆弾)」と呼ばれるイタズラが流行っています。また、新型コロナウイルスの影響で世界中で利用者が増えているため、回線が混み合って使いづらいこともあり、それらの対策はこれから急速に進められているところです。

スマホからはアプリを使って参加する。AndroidとiOS(画面)はいずれも無料

1 2