堅実女子ニュース&まとめ 【シンエヴァ】序・破・Qから読み解き、主人公・シンジが辿り着く結末を大予想!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』は第1作『序』が2007年に、第2作『破』が2009年に、第3作『Q』が2012年に公開されている。

公開が待ち遠しい!

公開が待ち遠しい!

そして、2020年6月27日公開予定であった『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(以下「シンエヴァ」)。13年かけて描かれた新劇場版の完結編だ。そこで今回は、主人公の内向的な少年「碇シンジ」が、シンエヴァでどうなるのか考察しよう。(※4月17日に公開延期が発表され、公開日は未定)

碇シンジとは

数多くの登場人物が入り乱れるヱヴァンゲリヲン新劇場版。そのなかで主人公を務めるのが、内向的な性格の14歳の少年、碇シンジだ。

シンジは人類の敵「使徒」の殲滅を目的とする特務機関「NERV(ネルフ)」の最高司令官である碇ゲンドウを父に持ち、使徒に対抗するための戦力「エヴァンゲリオン」初号機に搭乗することとなる。

『序』『破』『Q』での言動

当初はエヴァでの戦いに戸惑いを見せていたが、周囲の人物との交流を通じ、他者と能動的にコミュニケーションを取るようになるなど、その心情に変化が生じる。

『破』終盤で、エヴァへの搭乗を拒んでNERVを離れるが、自身が気にかけていたエヴァパイロットである綾波レイが、第10の使徒に捕食された姿を目の当たりにして帰還。EVA初号機でレイの救出を試み、使徒との戦いの最中にEVA初号機を覚醒させる。

『Q』ではその後、14年間にわたって意識を失っていたことが発覚。自身の行動が結果的に「サードインパクト」と呼ばれる大量絶滅の引き金となった事実と、レイの救出を成し得なかったことを知ったシンジは、絶望に打ちひしがれる。

渚カヲルと名乗る少年から世界を修復する術を知らされたシンジは、カヲルと共にEVA第13号機に搭乗し、贖罪のために奔走。しかし、目的を果たすことができないままカヲルを失い、茫然自失となったところで『Q』の物語は幕切れとなる。

『シンエヴァ』ではどうなる?

ヱヴァンゲリヲン新劇場版とは、碇シンジの決断の物語だ。『序』では恐怖に苛まれながらもエヴァで戦うことを決心し、『破』では何を犠牲にしてでもレイを助けようとする強靭な意志を見せ、『Q』では自身の決断が招いた結果を突きつけられることとなった。

ここから『シンエヴァ』もまた、シンジの決断が大きくクローズアップされるということは明白だ。そして、その決断とは、ゲンドウと同様に過去に囚われるか、過ちを受け入れて未来に進むかという、自身の生き方に関わるものではないかと予想される。

初号機の制御システムとなったユイと同じく、レイもまた初号機の中へと保存されたことで、大切に思った人が初号機の中に消えたという点において、ゲンドウとシンジの境遇は近しいものになっている。このことから、シンジがレイへの想いを肥大化させ、ゲンドウと同じような行動を取るという可能性もなくはないだろう。

しかし、シンジと親しくしていた人物は彼の生存を望んでいるような振る舞いを見せており、ゲンドウもまた自分の生き様を見せないために距離を置いていたようにも見て取れる。これらを踏まえると、シンジが自らの行いで破滅させてしまった世界のなかで、他者と関わり合いながら生きていくという決断を下すという幕引きになるかもしれない。

いずれにせよ、シンジの決断こそが13年間の物語を締めくくるうえで、最も重要なファクターであることは間違いないだろう。(レッド・ジャガー/citrus)

 

 

Ranking

Information