仕事&マネー 『マックデリバリー』でハンバーガーをオーダーして、スマイル0円の魅力を実感!

クレジットカードやポイント、キャッシュレスのお得な情報を紹介する【お得なクレカ・ポイント活用】。今回はマクドナルドのデリバリーアプリ『マックデリバリー』を利用した話をしたいと思います。

☆☆☆

マクドナルドのデリバリーを利用してみた

テレビのCMで観て、ずっと食べたいと思っていたマクドナルドの「チキンタツタ」と「チキンタツタ めんたいチーズ」。仕事が忙しくて時間がない日の夜に、『マックデリバリー』のアプリからオーダーすることにしました。マクドナルドのアプリは『モバイルオーダー』を利用していたので、わざわざ登録しなくていいだろうと思いきや、実はそうではなく、改めて登録が必要でした。

『マックデリバリー』のアプリからオーダー。

やや勝手が悪いなーと思いながらオーダーを始めたところ、筆者が食べたいと思っていた「チキンタツタ」と「チキンタツタ めんたいチーズ」、「ごはんチキンタツタ」などがセットになったメニューを発見。それら3つのバーガーに加えて「チキンマックナゲット15ピース」、「マックフライポテト」、ドリンク3種が付いて2500円は明らかにお得。その「チキンタツタ家族で夜ごはんセット」をオーダーし、クレジットカードで決済しました。

あまりのお腹の空きに慌てて操作したせいか、商品の到着予定時間をちゃんと確認せずにオーダー。注文が確定した後に、商品のお届け時間がまさかの2時間後であることに気付きました。「そんなバカな!」と思いながらもキャンセルするのが面倒で、取りあえず待つことに。

注文を確定してから、お届け時間に
気付いてしまった……。

今日は特別混んでいるのかなーと『Uber Eats』を観てみたら、『Uber Eats』でもマクドナルドのオーダーができることを発見。しかもお得と思ってオーダーした「チキンタツタ家族で夜ごはんセット」は『Uber Eats』からもオーダーでき、到着は25分後。さらに配送料は最寄りのマクドナルドまでの距離が近かったせいか、250円でした。対して『マックデリバリー』の配送料は一律300円。

「『Uber Eats』で頼んだ方が早かったし、安かった-」と後悔。今後の教訓にしようと空腹をさらに我慢した時、電話が鳴り、早めに到着しても良いかという連絡がありました。良かったー。結局、注文から40分くらいでオーダーしていた商品が到着。対面で商品を受け取りました。

1 2

Ranking

Information