堅実女子ニュース&まとめ 初心者でも投資を成功させる秘訣とは?大盛況マネーウェビナー『人生100年時代の「お金の貯め方・増やし方」』の内容を一部紹介【PR】

アクサ生命主催でお届けした、Suits womanによるマネーセミナー第2弾「堅実女子にレクチャー! 人生100年時代の『お金の貯め方・増やし方』」が3月10日に“ウェビナー”形式で開催されました。講師は、人気ファイナンシャルプランナーの安藤宏和さん。140名を超える参加者が集まり、白熱したウェビナーの様子をレポートします。

投資を始めたい堅実女子の心に刺さったセミナーの内容とは?

3月10日、東京・神保町の小学館の会議室にて、撮影用カメラ、ウェビナーを映し出す大型モニター、音響、照明などセッティングを万全にし、安藤先生をお迎えしました。

今回の参加者はなんと前回を大幅に上回る約140名! たくさんの堅実女子のみなさんに視聴いただきました。ありがとうございました。

「今日は話したい内容がてんこもりなので、早口で一気に行きます!」と安藤先生がおっしゃる通り、ノンストップであっという間の1時間でした。近くで聞いていた編集部スタッフたちも、ぐいぐい引き込まれるほど。ここでは、ウェビナーで語られた、堅実女子のみなさんに知ってほしい「今、投資が必要な理由」についてダイジェスト版をお伝えします。

ウェビナーセッティング中のスタッフたちは大忙し!
「そろそろ始まりまーす」の瞬間

人生100年時代の投資は「早く始めて、長く続ける」

「投資成功の秘訣は、ずばり“早く始めて、長く続ける!” これが一番大事なことです。老後資金3000万、4000万円だって貯めることは可能なんです」(安藤さん、以下同)

将来の暮らしやお金に不安を抱える堅実女子にとって、老後資金は切実な問題。投資に興味はあるけど、いつから始めればいい? 失敗しそうで怖い……。そんなモヤモヤが、このウェビナーを聞いてすっきりしたという人も多かったのではないでしょうか。

視聴画面。安藤先生のトークに引き込まれる…。

「クイズです。2020年4月から8200円に値上げされたものは何でしょうか?」

冒頭、クイズを用いて、安藤先生は投資の必要性を説いていきます。

「答えは、東京ディズニーリゾートの1デーパスポート(大人)の料金です。

1983年には3900円でしたが、いまは2倍以上になっています。このように、物価上昇(インフレ)は確実に進んでいて、昔と比べて2倍、3倍になっている商品やサービスは結構あるんですよ。このように、インフレが進むとお金の価値自体が下がっていきます」

インフレが進むとお金の価値は下がっていく…(資料提供/安藤宏和先生)

政府が掲げている年2%のインフレが続いた場合、目の前にあるお金の価値は30年後には半分になってしまうのです。

一方で、国は年金を減らしていくと公言しています。給料は上げるけど物価も上がる。しかし、年金は減っていく。そういう将来を見据え、老後の資金は自分でしっかり備えなければならないんです」

投資が浸透している米英は金融資産が多い

「日本では米英に比べて投資はまだまだ普及していません。日米英の家計の金融資産を比べてみると、日本人は資産の半分以上が現金・貯金なんです。

貯金や現金が多い日本人は資産が増えにくい…(資料提供/安藤宏和先生)

株や投資の割合は、日本が18.8%と1番低く、イギリスが35.7%、アメリカは45.4%と上がります。金融資産の推移は、約20年で日本は1.47倍、イギリスが2.27倍、アメリカが3.11倍に増えているのです。

これはなにもアメリカ人が投資に特別に詳しいということではないんです。国が作った制度によって資産が増えているんです。
それと同じように、日本で国が作った制度がiDeCo(イデコ)。今後減っていくであろう年金を自分で運用するも。コツコツと積立投資をして老後資金を作りましょう、という制度です。60歳にならないと引き出せない出口の強制力が高い制度です」

株価の暴落や投資の失敗が不安な人へ

安藤先生の熱弁を聞き、「インフレが進む世の中、iDeCoやNISAといった制度を活用して、老後に備えて資産運用するのはもはや必須なのね!」と痛感……。とはいえ、投資ってやっぱり不安が伴います。

「投資で、失敗をしないものなどあるのでしょうか? (34歳 女性)」

「今日経株価がかなり上がっているけど、投資信託などを今始めて大丈夫なんですか? (29歳 女性)」

ウェビナーの参加者からも事前に“投資に対する不安”の声が多く寄せられていました。

「投資には、短期集中型と長期分散型がありますが、おすすめしたいのは長期分散のつみ立て投資。20年、30年と長期スパンでやっていけば、一定の成果を得られる可能性が高いのですよ」と、安藤さんは続けます。

「積み立て投資の場合、株価のアップダウンはあまり気にしなくてOK」とのこと!セミナーではその理由を丁寧に解説してくれました。

「大事なのは、途中でやめずに続けることです。でも実際は、利益が出たからって上がったときに売ってやめてしまう人、下がったときはこれ以上損したくないとやめてしまう人が多い。リーマンショックのときですら積立投資なら3年程度で回復していますし、暴落や高騰など市況に一喜一憂せず、長く続けることが重要なんですよ」

(ウェビナー画面)iDeCoやNISAのメリットやデメリットもわかりやすく解説

多くの人が、投資はタイミングと商品だと思われていますが、iDeCoもNISAも投資先の配分が一番重要。国内株式、国内債券、外国株式、外国債券。この4つのバランスが大事なんです。この配分を私たちファイナンシャルプランナーが決めるお手伝いをしています」

1時間にわたる安藤さんの白熱の講義が終わると、

「iDeCoやつみたてNISAを始めたい、今ある預貯金等を眠らせずに、しっかり運用していきたい」

「何度もえっそうなの?と思いました。間違ったイメージが正されて 受講出来て本当に良かった。iDeCoをやってみようかと いいきっかけができました。ありがとうございました」といった感想が続々と寄せられました。

「投資は、始めるタイミングが遅くなると、どんどん不利になるともいえます」

幸せな老後に備え、堅実女子のみなさんも、今すぐアクションを起こしてみては?

取材・文/望田真紀