堅実女子ニュース&まとめ “ヌン活”にうれしい!アフタヌーンティーが割引になるクレカがあるって知ってた?【PR】

【Sponsored by アメリカン・エキスプレス】

Suits woman読者の皆さんを始め、多くの女性が大好きなアフタヌーンティーですが、このコロナ禍でますます注目が高まったのをご存じですか?

各ホテルやレストランのアフタヌーンティーをめぐったり、お気に入りの店舗の季節ごとのアフタヌーンティーの移り変わりを楽しんだりする活動は、アフタヌーン活動を略して「#ヌン活」と呼ばれたり、「#ヌンスタグラム」なんてハッシュタグをつけて投稿する人も。

今回行ってきたのはこちら!後ほど詳しくご紹介しますのでお楽しみに!
コンラッド東京「ウィンター・ビジュー」 コンラッド・ベア付き・スタンダードアフタヌーンティー 1名分 7,800円(2021年11月1日~11月30日)、1名分 8,800円(2021年 12月1日~12月26日)(税込)

20~30代女性の間でアフタヌーンティーがかつてない高まりを見せている背景には、もともとアフタヌーンティーは「おいしいものを少しずつ何種類も食べたい」という嗜好にピッタリはまり、美しくインパクトのある圧巻のビジュアルは「映え」も満点。

そしてこのコロナ禍で外出が制限されていたなかで、非日常のラグジュアリー感に身をゆだねて、一流店の味を気軽に楽しめる安心感やお得感が、昼間に楽しめる贅沢として、さらに人気が加速したというわけです。

実際に、筆者自身も、今年はかつてないほどホテルでアフタヌーンティーやランチを楽しんでいることに気づきました。

最初はソーシャルディスタンスがしっかりとられていて、天井が高いがゆえの換気のよさや、しっかりした感染症対策に惹かれて行き始めたのですが、改めてロケーションの素敵さや、ホスピタリティに感銘を受け、ホテルの魅力を再認識。

美しく、おいしく、居心地がいい…。五感すべてに訴えかける心地よさでもてなされて、友人と来てもひとりでも全く気にすることなく楽しめるアフタヌーンティーに、女性たちが夢中になっているのも納得なのです。

本題!アフタヌーンティーが割引になるカードがあるってホント!?

そんな私が先日知ったのは、ホテルの食事やアフタヌーンティーが割引になるクレジットカードがあるということ。エッ、絶対に割引なんてなさそうなのに、そんないいものが?

ヒルトン・オナーズ アメリカン・ エキスプレス(R)・カード

今年登場したクレジットカードの中でも、旅行やお出かけ好きの間で注目のカード「ヒルトン・オナーズ アメリカン・ エキスプレス(R)・カード」は、ヒルトングループの飲食代が最大25%割引になる(※)など、優待特典が満載なんだそう。

本当にアフタヌーンティーも割引になるのか、さっそく汐留にあるヒルトングループのラグジュアリーホテル、コンラッド東京へ、友人を誘って伺ってみることにしました!

※2021年12月末まで。一部適用外のプランや、除外日を設けている場合があります。

コンラッド東京のウィンター・ビジュー・アフタヌーンティーが驚きの25%オフ!

コンラッド東京内 28階のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」は、窓一面に広がる東京湾や浜離宮恩賜庭園のパノラマがもたらす、開放的は雰囲気が特徴。

シックでラグジュアリーなインテリアは、ゆっくり話すのにもぴったり!と、同行してもらったのは、シンガポールから一時帰国している、筆者の中学・高校時代の同級生、山田さんです。

筆者(右)と同級生の山田さん(左)。海外生活が長い山田さんとは、帰国するたびに食事へ行ったり別荘にお邪魔していたのに、コロナ禍により2年ぶりの再会。

今回いただいたのは、2021年11月1日(月)よりスタートする「ウィンター・ビジュー」アフタヌーンティー。寒さが厳しくなる季節にも、ほっと優しい気持ちになるような、ピンク・ジュエリーやパールをイメージしたリュクスなコレクションです。

コレクターもいるという、クリスマス・コンラッド・ベア。ベアがつかないスタンダードアフタヌーンティーのプランは1名分 6,500円(11月1日~11月30日)、1名分 7,500円(12月1日~12月26日)で提供。

「ウィンター・ビジュー」アフタヌーンティーは、スイーツ5種、甘くないセイボリー3種、スコーン2種がずらりと並び、ドリンクは20種類の中から、好きなものを何杯でも頼むことができるという、満足感たっぷりのプラン。

例えば、バラとライチのゼリーがきらきらと輝きを添え、その下には色鮮やかなカシスのゼリー、そしてTWG Tea社のバニラブルボンティーを使用したパンナコッタと、小さなデザートグラスに美しいグラデーションが表現されたスイーツもそのひとつ。

思わず写真を撮りたくなる愛らしさに加え、中身を知ってもどんな味わいか、すぐに想像がつかない点も楽しいポイントで、口に運ぶごとに「わぁ」と感動があり、話もますますはずみます。

雪の結晶を象ったホワイトチョコレートが載ったマカロンには、バニラクリームと野ばらのジャムが挟まれています。

甘さの間に挟むセイボリーも、濃厚なフォワグラのテリーヌにオレンジのコンフィチュールの組み合わせで爽やかさのアクセントを加えたものや、百合根のムースにアサリ出しのゼリーを流し、ズワイガニと蟹味噌のトッピングでうま味を重ねたものなど、一筋縄ではいかないものばかり。

凝った味の箸休めには、バター香るスコーンの素朴なおいしさをかみしめて…と、最後の一口まで、めくるめく味覚との出会いを楽しむことができました。

夕暮れ時も美しいコンラッド東京

11月にはシンガポールへ戻ってしまう山田さん。シンガポールにはコンラッド・センテニアル・シンガポールほか、ヒルトングループのホテルが現在は3つあります。2022年にはマンダリン・オーチャード・シンガポールがヒルトン・シンガポール・オーチャードにリブランドされ加わるので、筆者が次にシンガポールへ訪問するときには、4つの選択肢に増えているんですね。

さて、あっという間に楽しい時間は過ぎ、いざお会計に。 「ヒルトン・オナーズ アメリカン・ エキスプレス(R)・カード」 を持っていると、今年いっぱいの期間限定でアジア太平洋地域にあるヒルトングループのレストランやバーなど、対象店舗900店舗以上でどこでも25%割引される「Like a Member」特典を受けることができます(※)。

この日堪能したアフタヌーンティーも、しっかり割引が適応された料金でのお支払いとなり、賢くお得にプチ贅沢な時間を過ごせたことに、大満足して帰途へつきました。

※12月末まで。一部適用外のプランや、除外日を設けている場合があります。

すごすぎる「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」についてもっと詳しく!

レストランやホテルの割引以外にも、「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」がスゴイ!と話題になっているポイントを、さらに詳しくご紹介していきます。

「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」が自動でついてくる!

ヒルトン・オナーズは、ヒルトングループのゲスト・ロイヤルティ・プログラム。メンバー自体は無料でなることができ、4つの会員ランクによって、受けられる特典が変わってきます。

「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」 は上から2番目のランクで、通常は1年間に20回の滞在、または40泊することで得られるもの。それが 「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 所有者になると、自動でついてくるのです。

今回、コンラッド東京のアフタヌーンティーが25%OFFになった「Like a Member」特典 が受けられたのも、この 「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」 の特権のひとつ。

ほかにも、宿泊時はレイトチェックアウトができたり、空き状況によってはお部屋をグレードアップしてもらえる可能性も。さらに見逃せないメリットが、 2名分までは朝食が無料になるということ! 自分だけが適応される特典は使いにくいものですが、こちらは安心。、二人旅ならお友達のぶんもカバーできるので、朝からゆったりと優雅な気分でホテルの朝食をいただいて、ますます旅を盛り上げていきましょう。

ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まる&使える!

ヒルトングループのホテルやリゾートで、「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を使って支払いをすると、100円につき3ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まります。割引されてお得な価格で楽しんだアフタヌーンティーも、支払い金額からさらにポイントが貯まっているので、お得感が倍増です。  

日々の支払いで 「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」を使用した場合でも、 100円につき2ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントがしっかり貯まります。

貯めたヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントはホテルでの宿泊時に使えるので、普段の生活をしながら、次のホテルステイに向けて貯められていると思うと、ポイントと一緒に、楽しみな気持ちも積み重ねられます。

カードの更新ごとに無料宿泊特典がもらえる!

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 は、更新するごとに、国内や海外のヒルトンで週末の宿泊利用ができる無料宿泊特典(ウィークエンドステイ)が付与※されます。

世界各国にあるヒルトングループのホテルですが、国内にも着々と拡大中。2021年9月には京都に「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」 が開業。ヒルトンホテルのラグジュアリーブランド「LXRホテルズ&リゾーツ」としては、アジア太平洋地域では初進出とあって、話題の的に。

また、2021年11月には長崎駅と歩行者通路で直結し、グラバー園や大浦天主堂、稲佐山など様々な観光スポットへのアクセスが便利な「ヒルトン長崎」もオープンし、2022年に長崎と佐賀を結ぶ西九州新幹線が開業すると、さらに旅好きから注目を集めること必至です。来年以降には、広島、富山などでもヒルトングループのホテルが続々開業。

海外旅行のみならず、国内旅行でも無料宿泊特典を使える場所がどんどん増えているので、今年はウィークエンドステイをどこで使おうかな?と、旅のプランを立てるのが、毎年恒例のお楽しみになりそうです。

※「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 の場合、年間150万円以上の利用が条件

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 詳細

●年会費16,500円(税込)
●タッチ決済(コンタクトレス決済)対応
カードの受け渡しや暗証番号の入力なしで、専用リーダーにカードをタッチするだけでお支払いが完了。大手コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど、対応しているお店も多数!

***

「アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 ならではのステイタス感に加え、 日常から私たちを特別な時間へいざなってくれる一流ホテルでの飲食が、アフタヌーンティーまで割引になるという、太っ腹な特典までついた 「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 。

贅沢な時間もよりオトクに楽しめるカードの存在は、お出かけ好きな人ならマストで押さえておきたい情報ですね。

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス(R)・カード」 詳細はこちら
https://www.americanexpress.com/hilton-card-jp

撮影/篠原宏明 取材・文/安念美和子