堅実女子ニュース&まとめ 3000万円あっても老後は不安!? Suits女子必見のマネーセミナーレポート

クリスマスも近づいた2013年12月12日、ちょっとおしゃれなマネーセミナーが開催されました。

SONY DSC

投資信託の商品をつくる会社である日興アセットマネジメント(http://www.nikkoam.com)が主催し、 Suitsと@DIMEの男女読者を集めて行われた、『働く男女のための「資産運用コトハジメ」セミナー』です。

会場は、日興アセットマネジメントがある六本木の東京ミッドタウンの高層階。 マネーセミナーの後には、素晴らしい夜景を見ながらの立食スタイルの懇親会やゲーム大会が開かれるという、 普通のセミナーにはない展開にちょっとワクワクしながら、いざ参加!

セミナーに先立って、DIMEの酒井直人編集長、続いてSuitsの水野麻紀子編集長から挨拶がありました。

SONY DSC

iPadアプリで老後のお金をシミュレーションしてみたら……

日興アセットは、投資信託という運用商品を開発するいわばメーカー。家電でいえば、日興アセットは、パナソニックやソニーといった家電メーカーにあたり、販売会社は家電量販店という位置づけです。今回のセミナーは、メーカーの立場から、人生を楽しくするためのお金の付き合い方として、資産運用の取り入れ方を紹介するというものです。

いよいよ日興アセットマネジメントの今福啓之さんによる、資産運用についてのセミナーがスタートしました。

SONY DSC

まず、参加した読者の方々に今福さんから「老後の暮らしには、いくらのお金が必要になると思いますか?」という質問が!

SONY DSC

参加者からは「5000万円」「3000万円」といった回答がありました。 そこで、日興アセットのiPadアプリ「お金のチカラ計算機」を使って、そうした金額は、 一体どのくらいの期間でなくなってしまうのかをシミュレーションしてみたところ……

なんと、毎月15万円を使った場合、3000万円は16.7年でなくなってしまうことが判明。 「そんなに早く……?」意外な結果に、参加者からは驚きの声が!

「3000万円を貯めるというのは、普通のビジネスウーマンの方ならかなり大変でしょう。それでも、何もしなければ、このぐらいの期間で使ってしまうものなのです」と今福さん。資産運用は、何も老後の生活資金のためだけというわけではないそうで、例えば、将来の起業のためでも良いし、老後の趣味の発表会のためでも良いそう。資産を作るということは、これからの楽しい将来をイメージすることだと解説してくれました。

1 2 3 4