堅実女子ニュース&まとめ 頭痛、生理痛に手放せない「痛み止め」の知っておきたいリスク

くらたま

つら~い生理痛、どうしても薬のチカラを頼りたくなる瞬間です。

頭痛や生理痛。市販の痛み止めでガマンしていませんか? 「ロキソニン」や「イブ」「バファリン」など、コマーシャルでも有名なクスリが、ドラッグストアにズラリと並んでいます。「よく効くから手放せない」という女性も多いのではないでしょうか。

頭痛、生理痛だけでなく、腰痛や歯痛、関節痛に筋肉痛と、とにかく痛いところに効くので、「とりあえずロキソニン(人によってイブやバファリン)」な人が増えているようです。痛みだけでなく発熱にも効能があり、解熱剤としても人気があります。

「ロキソニン」の主要成分はロキソプロフェンナトリウム。「イブ」はイブプロフェン。「バファリンA」はアスピリンです。いずれもステロイドではないので「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれます。しかし、ステロイドが入っていないから安心……とも言い切れないのです。よく効くクスリほど副作用も強い傾向があるといわれますが、非ステロイド性抗炎症薬も例外ではありません。

たとえば「ロキソニン」の取扱説明書を見ると、重大な副作用として「アナフィラキシー様症状、急性腎不全、うっ血性心不全、間質性肺炎、ぜんそく発作(以下略。順不同)」などなど、なにこれ? な恐ろしげな文字がズラリ。どんなクスリのトリセツにも副作用は列記されていますが、痛み止め(非ステロイド性抗炎症薬)の場合、その数がとても多いです。一度、目を通しておくことをおすすめします。

1 2