堅実女子ニュース&まとめ ついにバービーの体型が変わった。「モテ系」から女子が離れ始めた理由

バービーの売り上げ激減の原因とは…?

バービーの売り上げ激減の原因とは…?

カービー(豊満)バービー発売の衝撃

今週号の米『TIME』誌の特集は、あのバービー人形。アメリカの少女の9割以上がもっているという国民的アイドルですが、驚くことに、先月から「カービー(豊満)バービー」というぽっちゃり型が従来のスレンダー型に加えて売り始められたというのです。

そもそもバービーの現実には決してあり得ない体型は、時代の流れに逆行するものでした。世界中で大ヒットしたメーガン・トレイナーのぽっちゃりさん応援ソング「オール・アバウト・ザット・ベース」や、フランスの激ヤセモデル雇用禁止法など、モデル体型にあこがれるティーンエイジャーを拒食症から守るトレンドが最近の世界世論の主流になっており、そもそも1950年代にドイツの売春婦を模した人形をモデルにして作られたというバービー人形も批判対象のひとつでした。

いっぽう、バービーを販売するマテル社はそんな世論には馬耳東風といったところで、がりがりセクシーなバービー体型を変えるどころか、インターネットを使ったマルチメディア戦略で着々と売り上げを伸ばしていたところだったのです。

しかし、そこにストップをかけたのがあのディズニーの「アナ雪」。

アメリカでは2013年の公開なので、すでに公開から2年以上過ぎていますが、相変わらず子供たちの間の人気は衰えるところを知りません。逆に、ライバル会社にエルサ人形の版権を握られたマテル社は、2012年に3%、2013年に6%、2014年には2桁の16%とずるずると売り上げを落とし、ついにカービー・バービーの発売に踏み切ったというところが真相のようです。

1 2 3