堅実女子ニュース&まとめ Suits世代はワクチンじゃなくて子宮頸がん検診、やっぱり受けるべき?

子宮頸がん予防ワクチンを受けた中学生や高校生が、接種後に意識障害や全身の激痛などに見舞われ問題になったニュースは、みなさんもご存知かと思います。

ワクチンはちょっとコワイかも。もう大人だし……というSuits世代に有効な子宮頸がん予防法ってあるんでしょうか? ひょっとしてもう手遅れ? やっぱり検診を受けるのがいちばん? 最近は子宮頸がん検診キャンペーンを目にすることも増えてきて……。

 そんな不安をかき立てられたSuits女子のために、子宮頸がんのリスクについて、がん治療に関わって40年超の医師・近藤誠先生に解説してもらいました。

Suitswoman子宮頸がん

30代の発症が多いといわれる子宮頸がんだが……。


Q まず子宮頸がんの原因は何ですか?

 「原因のひとつに、HPV(ヒト・パピローマ・ウイルス)というウイルス感染があります。性交によって感染する、ごくありふれたウイルスで、感染してもほとんどの女性が気づかないし、気づかないうちに消えています」 

Q どういう場合、感染後にがんになるのですか?

 「感染者のごく一部のウイルスが子宮頸部の上皮(表面の皮膚)に平らなイボを形成します。イボは放っておいても子宮頸がんになることはありません。ところがイボの見た目が、がんに実によく似ている。そのため『上皮内がん』と診断する医者がいるのです。しかし検診で上皮内がんと診断された99%以上は、がんではないし、がんになりません。ウイルスや精液などとの反応による上皮細胞の“慢性感染症”と考えられます」

 

 

1 2