堅実女子ニュース&まとめ マイナス金利なのに利上げ!? 意外に知らない「信用金庫」のメリット

日本銀行がマイナス金利政策を受けて、銀行が預金金利を引き下げる中、一部の信用金庫では、金利を引き上げると発表し、話題になりました。また、宝くじがもらえたり、一定のルールを満たすと金利が優遇されたり、といった特典でも、注目を集めています。

堅実女子は比較検討を!

堅実女子は比較検討を!

懸賞付き定期預金が日本で初めて発売されたのは、預金金利が完全自由化された1994年のことです。当時も、「時まさに史上まれに見る低金利時代」(「週刊読売」1994年11月16日号)と、言われていました。もっとも、当時の金利は、都銀の普通預金で0.25%。軒並み0.001%という今とは、比べものにならないぐらい好条件なわけですが。

それはさておき、金利自由化を狙って、城南信用金庫が「スーパードリーム」の販売をスタート。利率2.1%に加えて、一口10万円で1回の抽選権がつくというのが、この商品の特徴です。1等は5万円で、最下位は3000円。発売から5日で申込総額は210億円を超える大ヒット商品となりました。

その後も、信用金庫のユニークな特典やキャンペーンは、定期的にニュースを賑わせてきました。尼崎信用金庫は2002年に、星野仙一監督の就任を機に「がんばれ阪神タイガース定期預金勝星77」を発売し、1590億円の預金獲得に成功します。これは、星野監督の背番号77にあやかり、阪神が優勝したら金利を7.7倍、優勝しなくてもAクラスなら金利を2倍に上乗せするというもの。

当時は、1994年に「イチロー定期」を売り出した兵庫銀行(1995年に破綻)を引き合いに出し、経営悪化を危ぶむ声もあがっていました。しかし、老婆心に終わったようで、尼崎信用金庫も、がんばれ阪神タイガース定期預金も健在。現在取扱中の同定期預金「虎願成就」(こがんじょうじゅ)では、タイガースが優勝すれば総額5億円分の全国百貨店共通商品券をプレゼント、日本一になればさらに総額3000万円分をプレゼントするWチャンス。2位なら総額3億円分、3位で2億円分とノリノリです。

前述の真壁理事長(当時)の「経営をおかしくしてまでやりませんよ」(「サンデー毎日」1994年11月27日号)という言葉に尽きるのかもしれません。

1 2