堅実女子ニュース&まとめ 【桃屋 ごはんですよ!斬新レシピ】アボカドにもカルボナーラにも…白米以外にも合う!!

桃屋の『江戸むらさき ごはんですよ』(以下、『ごはんですよ!』)といえば、1974年の登場以来、実に47年も食卓を支えてきた海苔の佃煮。白米とベストマッチする本品だが、公式ホームページには意外なアレンジレシピが多々ある。今回はそこから2品をご紹介。

『ごはんですよ!』、白米以外にも…合う!!

【アボカドのごはんですよ! 和え】

まず紹介するのは「アボカドのごはんですよ! 和え」というレシピ。白米のお供というイメージがある『ごはんですよ!』だが、このレシピはアボカドと合わせた“お酒のおつまみ”なのだという。なんとも味の想像ができず期待と不安が入り混じるが、果たしてその味はどんなものなのだろう……。

≪用意する食材≫(今回の材料は二人分)
・『ごはんですよ!』(大さじ1強)
・アボカド(1個)
・練りわさび(5cm)
・小ねぎ(適宜)

まず「アボカド(1個)」の皮をむき、一口大にカットする。今回は縦方向に4等分してから、それぞれをさらに4等分した。また合わせて「小ねぎ(適宜)」も小口切りに。材料を切り終えたら、「『ごはんですよ!』(大さじ1強)」と「練りわさび(5cm)」をよく混ぜ合わせておく。このとき、アボカドと一緒に混ぜるとアボカドが潰れてしまいかねないので、別のボウルなどでしっかり練りわさびがダマにならないように混ぜておくと良い。その後、それをアボカドとよく混ぜ合わせ、最後に小ねぎを散らせば完成だ。

口に運んでみると、まず『ごはんですよ!』の塩気と海苔の甘みが全面にくるが、すぐさまアボカドのクリーミーさとフレッシュさが追いかけてくる。これらが絶妙に混ざり合うので、「後味が塩辛い」とならないそのバランス感覚に驚かされるはずだ。そこに、ほのかに香る練りわさびのピリッとした刺激と小ねぎのシャキシャキ感が加わり、全体を軽やかな印象にしてくれている。ビールにワイン、日本酒と幅広いお酒に合いそうな見事なおつまみレシピと言えるだろう。

1 2