堅実女子ニュース&まとめ キリキリ型胃痛には胃薬よりベーキングパウダーのほうが安心。しかも安い

「ウ……胃にキタ」……。

仕事に忙殺されたり、睡眠不足が続いたり、ストレスがたまると、胃に来ますよね。胃薬を手放せない人も少なくないでしょう。

胃の痛み方には2種類あります。キリキリする痛みとシクシクする痛み。これ、原因が違います。シクシクするのは胃の働きが鈍って食べたものがもたれているのが原因。キリキリするのは胃酸が出過ぎて、胃の粘膜を荒らしてしまうことで起こります。どちらもツライですが、よりツライのはキリキリするほうでしょう。

これに大きな効果を発揮するのが、「H2ブロッカー」と呼ばれる胃腸薬です。以前は医者の処方箋が必要だったクスリですが、今はドラッグストアで買えます。レジの奥の棚に「ガスター10」という名前で並んでいます。

「これ、効くわ〜」と愛用しているSuits女子もいるでしょう。たしかに効くんです。強力なんです。ただ、強力なクスリほど副作用も強いのがクスリのセオリー。市販薬とて同じです。ドラッグストアで買えるのだから安心、と思い込むのはちょい危険です。

クスリの説明書には、副作用として「ショック(皮膚のかゆみ、じんましん、息苦しさ、ほか)」「スティーブンス・ジョンソン症候群(高熱、目の充血、唇のただれ、ほか)」「中毒性表皮壊死融解症」をはじめ、肝臓機能障害、血液障害などなど、ええっ!?  と驚くような症状が並んでいます。

『先生、医者代減らすと寿命が延びるって本当ですか?』などで、クスリの飲み過ぎに警告を発している医師・近藤誠先生は「ガスター10」についても、

「ショックで即死するリスクもあるんですよ。中毒性表皮壊死融解症というのは皮膚がズルッとむけ、死亡率50%以上のおそろしい症状です。難病指定されている再生不良性貧血という症状が出るリスクもあります。こんな危険なクスリは市販すべきではありません」

と、注意を促しています。

1 2