堅実女子ニュース&まとめ 警察官も銀座ホステスも基本は同じ!? 職場の身だしなみルールは必要か

大阪市営地下鉄の運転士さんが、ヒゲを理由に降格されたことで裁判を起こしたことが話題になりました。「必要な服務規程の範囲なのか」「憲法で保障されている個人の自由なのか」といったことが議論されています。

そもそも職場の身だしなみルールって、なぜ必要なんでしたっけ? 警察と銀座のクラブという両極な世界に勤務したことのある筆者が「職場での身だしなみルールの必要性」を考察してみました。

警察ルールも銀座ルールも基本は同じだった

警察ルールも銀座ルールも基本は同じだった

筆者はコミュニケーションデザインを研究しています。もう10年以上前の話ですが、某地方警察署で、防犯に関する広報紙を編集発行していたことがあります。当時、警察にも身だしなみに関する規定はありました。

例えば、ヒゲはNG(皮膚疾患などでヒゲをはやしている人、仕事が仕事だけに家に帰れず生えてしまった人など例外はあります)。制服のときには傘もNGで、着用するタイプの雨具が決められている、といった具合に細かいです。

当然ながら私服組も「ふさわしい服装」が求められます。印象は人の判断を歪ませる要因のひとつです。近隣の皆様からの目もあるので、筆者もスカート丈やヒールの高さまで細かく気を遣っていました。

カタイ職場なのでルールも当然と思っていましたが、ユルそうな職場に見えた銀座のクラブも身だしなみルールは厳格でした。

黒い服は月に3回まで、ミュールやつま先の見えるパンプスはNGなど具体的に明記されたものはもちろん、「そのくらい常識でしょ」という店側があたりまえだと認識しているルールがたくさん。後出しジャンケンのように注意されました。実際に筆者が指導されたケースの例をあげると、勝手に髪をショートにした、太った(!)といったものまでありました。

体型について注意するなんて違憲だ! という方もいらっしゃると思いますが、警察でも肥満はNGです。筆者が勤務していた数年間だけでも、肥満対策についての通達は何度も見たことがあります。銀座ホステスも、警察官も肥満は職務遂行の支障になるという認識している人たちがいるのでしょう。警察には様々な部署があり、肥満がまったく邪魔にならない仕事もありますし、太っていても魅力的な女性はいるのですが……。

どちらかというと筆者はルールを守れない側の人間です。しかしながら警察にも銀座にも共通する、職務遂行に支障をきたすものは排除しておきたいという考え方は理解できました。その底辺に流れている「らしさ」を守る心意気も、嫌いじゃないです。

1 2 3