堅実女子ニュース&まとめ 健康診断の基準値、どれくらい超えるとマズイ?

健康診断は終わりましたか? 健康診断の何がコワイって、ズラリと並んだ検査報告書の、体重や中性脂肪はもちろん、血圧やらコレステロールやらガンマGTやらの「基準値外」ってやつですよね。

ところでこの「基準値」、何を元に計算された数値かご存知ですか? 実は案外ザックリしています。

まず、病気や体に異常のない人の検査値(血圧やコレステロールなどの)を集めます。次にその数値を低いほうから高いほうへ並べます。それから低いほう2.5%分の人の数値と、高いほうの2.5%分の人の数値をカット。合計で5%分をカットします。残り95%の人たちの検査値を「基準値」とするのです。

仮に対象が100人とすると、5%カットで5人が確実に「基準値外」になる仕組みです。つまり基準値外の人は、つねに存在します。たとえ検査を受けた100人がみんな健康で特に悪いところなく、毎日元気に暮らしているとしても、そのうち5人は「基準値外」になるわけです。

職場によっては人間ドックを受ける人もいるでしょう。人間ドックに入ると、検査項目がグッと増えますね。「だから安心よね」と思われるかもしれませんが、人間ドックを受けると、9割がたの人は何からの数値が基準値外になり、「異常」を言い渡されます。理由は簡単。検査項目が30も40もあるので、すべての数値が95%の枠内に入るのは、計算上たいへん狭き門になるからです。

 

1 2