堅実女子ニュース&まとめ 舛添氏にも可能性が!? 多額の退職金を手にして下流老人になるというリスク

辞職が決まった舛添要一東京都知事。6月13日には「給与全額返納」を表明したものの、15日には撤回。全額返納どころか、在任期間2年4か月分の退職金として約2200万が支払われることが報じられ、モヤモヤが広がっています。

「平成25年就労条件総合調査結果の概況」(厚生労働省」によると、平成24年における定年退職者の学歴・職種別の退職金は以下の通りです。

大学卒(管理・事務・技術職):2156万円
高校卒(管理・事務・技術職):1965万円
高校卒(現業職):1484万円

日本経済団体連合会が発表した「2014年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」を見ても、新卒から60歳まで勤めあげ、定年退職した際の退職金は大学卒で約2358万円、高校卒で2154万円です。そもそも、全企業に占める退職金給付制度がある企業の割合は年々減っており、4社に1社は退職給付金制度がないのが実情です。

そう考えると、「都知事のやり逃げ許すまじ」「けしからん!」と正義のこぶしをブンブン振り回したくなる気持ちもわからなくはありません。ところが、この退職金は、たくさんもらえればいいかというと、そうとも言い切れないようです。というのも、ポンとまとまった金額をもらうほど、足元をすくわれるリスクは比較的に高まるのです。

老後の経済リスクを遠ざけるためには…?

老後の経済リスクを遠ざけるためには……?

1 2 3 4