堅実女子ニュース&まとめ 【乳がんのウソ? ホント?】乳がんは抗がん剤が進歩しているから大丈夫?

 

小林麻央さん、北斗晶さん、南果歩さん……有名人の乳がんニュースが入るたびに、ドキッとしますね。「昔と違って今は抗がん剤が進歩しているから」……、乳がんはそれほどこわくないという話をよく聞きますが、抗がん剤ってどんなクスリなのでしょうか? 

乳がんの場合、ステージ(症状の段階)によりますが、手術の前か後に抗がん剤治療を行なうことが多くなっています。抗がん剤とは、細胞が分裂・増殖するためのタンパク質を叩き、がん細胞が増えないようにするクスリです。

ここで注意したいのは、がん細胞だけを叩くクスリではないということです。抗がん剤は、がん細胞も正常な細胞も区別なく叩きます。なぜなら、がん細胞とはいえ、あくまで自分自身から生まれた細胞だからです。正常な細胞がわずかに変化してがん化したものなので、両者の性質はとてもよく似ています。そのため抗がん剤は正常細胞とがん細胞を区別できず、両方を叩くことになります。つまり、自分の体を叩くに等しいので、吐き気や全身倦怠、脱毛などなどの副作用が起こるのは、いわば当然で、抗がん剤には付きものと言っていいものです。

副作用はガマンするしかない、命のほうが大事——と、抗がん剤治療を続ける乳がん患者さんが数多くいます。では次に、抗がん剤はどれぐらい効くのでしょうか? どれぐらい進歩しているのでしょうか? 乳がん診療に関わって40年超、元慶応大学医師の近藤誠先生にうかがいました。すると、

「抗がん剤は副作用は確実にあるのに、効果がないのが問題です。抗がん剤は急性白血病や悪性リンパ腫など血液系のがんと子宮絨毛がんなどいくつかのがんを除いて効きません。乳がんなど塊ができるがんには効かないんですよ」

えええ? 効果がないってどういうことでしょうか?

148

ところで抗がん剤ってどんなクスリ?

 

1 2