堅実女子ニュース&まとめ 最近の日本人が考える「理想の仕事」とは

NHKでは「日本人の意識」調査といって、同じ質問、同じ方法で5年ごとに実施して、日本人の生活や社会についての意見の動きをとらえようという目的の世論調査があります。1973年の石油ショック直前が第1回で、最新は2013年に行なわれた9回目になるのだそうです。

「理想の仕事」が実現されていれば…?

「理想の仕事」が実現されていれば……?

この中に、「理想の仕事」という設問があります。12個の選択肢の中で1番目と2番目にそう思う項目を選ぶものですが、その1番目と2番目に選ばれた項目を足したトップ4は、「仲間と楽しく働ける仕事(仲間)」が42.7%、「健康をそこなう心配がない仕事(健康)」が32.7%、「失業の心配がない仕事(失業)」が31.1%、「専門知識や特技が生かせる仕事(専門)」が29.2%の順となっていました。ちなみに第1回の結果では、1位が「健康」で46.5%、2位が「仲間」で36.6%、3位が「専門」で26.0%、4位が「失業」で20.2%となっており、経年変化の中でもこのトップ4の構成は変わっていないようです。

次に続いているのは「世の中のためになる仕事(貢献)」の24.2%で、これは直近では徐々に増えていて、その次の「高い収入が得られる仕事(収入)」の17.8%は、直近での比率は徐々に減ってきています。

1 2