堅実女子ニュース&まとめ 人間関係で疲れる原因になる「自分の価値観フィルター」とは

先日、実家の母が孫たちの顔を見に来てくれました。夕食を一緒に食べたり、お土産で遊んだりと、娘たちも喜んでいましたが、母が夫に対して言っている言葉がどうも引っかかりました。例えば……

最近転職して勤務日数が増えた夫に対して
母:「平日フルタイムで働きながらだと大変でしょう?」
私の心のつぶやき:「夫週5日、私週6日勤務だけど…… しかも産休・育休なしだし」

食後に娘の遊び相手をしている夫に対して
母:「休日に子どもの相手じゃあ休む時がないわね」
私の心のつぶやき:「私は平日も休日も子どもの相手をしてるけど…… お風呂も寝かせつけも私担当だし」

私が娘と遊んでやっている間に夕食の後片付けをしてくれた夫に対して
母:「休みの日に家事をやっていたら大変ね」
私の心のつぶやき:「両方働いてるんだし、子どもの相手と家事を分担するのは当然じゃない?」

もうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、母は一言も「私(自分の娘)が楽をしている」とか「私よりも夫の方が大変」とは言っていません。義理の母として、夫に気遣ってねぎらいの言葉をかけてくれているだけです。でも私は、「なんで男がちょっと家事や育児に参加したらそんなに褒められたりねぎらったりされるのよ」という不満の目で見ていました。なぜだかわかりますか? 母の言葉を「自分の価値観のフィルター」を通してキャッチするからです。

母の言葉だけはなく、私たちは日頃起きる出来事や人から聞く言葉を「自分のフィルター」を通してキャッチしています。なので、同じことを耳にしても人によって捉え方が変わりますし、「そんなつもりで言ったのではないのに」というすれ違いが生じたりします。どんなフィルターを通すかは、人によって異なりますし、フィルターの種類も実はいくつかあるのです。

こんなふうにもやもやしてしまうこと、ありますね。

こんなふうにもやもやしてしまうこと、ありますね。

1 2