堅実女子ニュース&まとめ 0.2秒で相手の「ホンネ」が分かる!“微表情”の見抜き方とは

プレゼンでメンバーの「賛成・不賛成」をキャッチする

微表情を見抜くことができれば、プレゼンや会議を聞いているメンバーが、どの話題に「同意・不同意」なのか、どの説明が「理解不足」なのかがわかります。プレゼンをしている時に、相手の眉が下がっていれば、あなたの話に完全には同意していないサインです。会議に出席しているメンバーの気持ちを汲み取ることが出来れば、適切な間合いで意見を言いたい人に意見を求めたり、疑問を感じている人を指名し解消してもらうことが出来るようになります。

プロジェクトに上司をまき込む切り返し方

上司が乗り気にならないと成功が危ういプロジェクト。上司は口では褒めても、片方の口角をわずかに上げているかもしれません。これは「軽蔑」で、あなたの提案を見下しているサイン。それに気付くことが出来れば、上司の優越感を刺激して下さい。「自分のアイディアに何か至らないところはありますか?」こういうふうに聞くことで、上司が乗り気になってくれる可能性が高まるでしょう。

このように相手の抑え込まれた気持ち=微表情を見抜くことが出来れば、「伝える」が「伝わる」になり、相手の気持ちに寄り添ったコミュニケーションの流れを作ることが出来るようになります。微表情を見抜く技術は、相手の心の中を覗き込み、相手の行動を操るような技術ではありません。相手の感情や気持ちの変化をキャッチし、どんな言葉や態度で接すれば、すなわち自分がどう変われば、相手との間に良好なコミュニケーションを生み出せるかを模索する技術です。微表情を読んで自分のアプローチを相手の感情の向かう先に合わせる、すなわち、自分が変われば、相手も変わる。そんなことが可能になるのです。(清水建二/citrus)

 

citrus_logo

1 2