堅実女子ニュース&まとめ 全員が競争して“上”を目指さなければダメなのか?

これは、「企業の業績を上げる」「事業を発展させる」ということを支援、協働する立場であるコンサルタントの考え方としては、あまり好ましくないのかもしれません。ただ、企業で働く多くの人たちを、人事という視点から見ていていつも考えてしまうことです。

それは決してエースでもエリートでもない、普通にコツコツ働いている、言葉は良くないですが「その他大勢」と言ってもよい人たちのことです。どちらかといえば上昇志向が強くなく、あまり競争を好まないという人たちです。

たまにさぼったり、物足りなかったり、期待通りではなかったりしますが、その人なりの役割を担っていて、おおむね真面目でごく普通に働いています。

管理職などの立場になる人もならない人もいますが、そこまで目をかけられるわけでもなく、どちらかといえば現場に近い立場での仕事をこなします。努力しているとまでは言えないが、かといって努力していないわけでもない、すごい成果が出ているわけではないが、全然ないわけでもない、評価で言えば中の中から中の下くらいというようなイメージです。

こういう人の中には、競争した結果そうなってしまった人、出世欲は満々でもそれがかなわない人もいますが、私が接する多くの人たちは、それほど出世欲があるわけではなく、今より上にという気持ちがなくはないが、人を蹴落とすような気持ちはさらさらなく、仲間と良好な関係を作りながら仕事をしようとします。

こんな普通レベルで中くらいの人たちが、実態以上に低い価値で見られているのではないかと思うのです。

あなたの職業観は?

あなたの職業観は?

1 2