堅実女子ニュース&まとめ ヘルシンキでムーミン愛をウォームアップ!ムーミン的街歩きのススメ

タンペレにリニューアルオープンしたムーミン美術館を訪れる前に、ヘルシンキの街でムーミンとその作者トーベ・ヤンソンさんの足跡を巡るのはいかがでしょうか?

トーベ・ヤンソンさんの軌跡を巡る

まずはトーベさんについて、ざっくりとご紹介。1914年にヘルシンキで彫刻家ヴィクトルさんとグラフィックアーティストのシグネさんの間に生まれました。母シグネさんはスウェーデン人、父ヴィクトルさんはスウェーデン系フィンランド人で、トーベさんはずっと芸術に触れて育ちました。

ヘルシンキ、カタノヤッカのトーベさんの生家。Luotsikatu 4

カタノヤッカにはムーミン屋敷を彷彿とさせるような塔モチーフの建築物が多い。

生家に近いカタヤノッカ公園は、トーベさんの生誕100周年を迎えた2014年に、トーベ・ヤンソン公園と改名されました。きっと幼いころのトーベさんも、この公園で自然に触れていたのでしょうね。

トーベ・ヤンソン公園。Kanavakatu 1, Helsinki

父・ヴィクトルさんは彫刻家として名を成しており、目抜き通りのエスプラナディ通りでもその作品を見ることができます。

「Hei vaan(やあ)」というこの作品はトーベさんをモデルに作られたそう。

同じく「Aallottaria(水の精・ナーイアス)」。

こちらだけではなく、Etelaesplanadi 22 の中庭にも作品があります。芸術家一家を支えていたのは母・シグネさんの力も大きかったようで、きっとしっかりもののムーミンママはシグネさんと似ているところがあるのでしょう。

「Mermaid」

トーベさんはフィンランドの学校になじめず、16歳でストックホルムの芸術学校に留学します。その後、フィンランド芸術アカデミー学校に通います。十代から商業イラストの仕事をしていたトーベさんですが、20代からはフレスコ画を公共建築などに描くなどの仕事をしています。そして、1945年にムーミンの第一作『小さなトロールと大きな洪水』を発表します。ヘルシンキ市立美術館ではトーベさんの描いた2枚のフレスコ画、企業のために描いた絵画などを見ることができます。

©Moomin Characters ™トーベさんのフレスコ画「都会のパーティー」と「田舎のパーティー」の前で解説してくださる館長さん。

©Moomin Characters ™フレスコ画をよーく見ると、ムーミンがいるんです!

©Moomin Characters ™病院を怖がる子供に、楽しい思いができるように階段を上がる絵も描いている。

このヘルシンキ市立美術館では、フィンランドのアートや文化のわかる展示を随時開催しています。7月末までは、デザイン、建築、アート、写真、美術の5つのフィンランドの歴史がわかる「Modern Life!」展を開催。アアルトやマリメッコなどの展示もあり、北欧デザイン好きにはちょっと注目の展示ですよ。

Helsinki Art Museum(ヘルシンキ市立美術館)
住所: Eteläinen Rautatiekatu 8, Helsinki
電話番号:(09) 310 1051
サイト: https://www.hamhelsinki.fi/ja/
営業日時:火-日 11:00~19:00 
休み:月曜
チケット:一般 10ユーロ / 割引 8ユーロ / 18歳未満 無料

ヘルシンキはコンパクトな街なので、歩いてトーベさんのアトリエのあった場所にも行けます。

最上階がアトリエのあった場所。Ullanlinnankatu 1

トーベさんのアトリエ入口に飾られている、父・ヴィクトルさんが作ったレリーフ。

1944年から2001年に他界するまで住んでいたアトリエは、中には入れませんがヘルシンキで暮らしたトーベさんの日々を思い起させます。なお、パートナーのトゥーリッキ・ピエティラさんも同じアパートに住んでいたそうです。

1 2