堅実女子ニュース&まとめ 【決定版】シャイな人でも電車で席をサクッと譲れるようになるフレーズ&アクション

高齢者に席をゆずる人が減ってきているそうです。「席を譲ったけど断られる」といった経験がある人が増えたこと、元気な高齢者が増えたことなどが背景のようですが……。筆者も席を譲ろうとして「スグ降りますから」と断られ、気まずい思いをしたことが何度もあります。そのまま元の席に戻るのも変な気がしますし、別の車両に立ち去るのも……とモヤモヤしました。そのせいか、最近は席を譲ることを躊躇してしまうことも。

シャイな人でもサクッと席を譲れるテクニックはないものでしょうか。席を譲ることを躊躇してしまう理由を考察し、その対策をコミュニケーションの視点から提案したいと思います。

優しい人でも席を譲るのを躊躇してしまう3つの理由

席を譲るのを躊躇してしまう理由を調査整理した結果、下記の3つに集約することができました。

(1)対象者に席が必要なのか確信が持てない
(2)誰かが譲るだろう(自分である必要がない)と思う
(3)拒否を連想する

困った人には手を差し伸べたいタイプの人も、席を譲らないことがある。その背景を解説したいと思います。

まずは(1)のケース。確信が持てない状況下では、私たちは周りの人の態度から影響を受け、自分の行動を決定します。解説するよりもわかりやすいので、有名な実験をひとつ紹介しましょう。

アンケートに答えてもらうという名目で、被験者に作業をしてもらいます。作業している最中に、換気口から白い煙を出します。すると、部屋の中に被験者が一人の場合、75%の人が異常を報告してくれました。では、周りに人がいて、その人たちが煙を無視した場合はどうでしょうか。その場合、なんと90%の人が無反応という結果になったのです。(Latane&Darl,1970)

席を必要としているかも知れない。でも、もしかしたら立っていたほうがラクなのかも知れない。次の駅で降りるかも知れない。こういった確信が持てないケースでは、席を譲らない他の乗客から影響を受け、「譲らない」という選択をしやすくなるのも納得ですね。

(2)の「誰かが譲るだろう」という気持ちも、その決定を後押しします。協力が必要な人を発見しても、周りに協力できる人が多いと援助行動をとりにくくなる傾向があります。また(3)で挙げたように、過去に席を譲るという申し出を断られた経験のある人であれば、さらにこの傾向は高くなることが予想できます。

電車の中というのは、たとえ優しい人でも席を譲りにくい環境が揃っていると思っていいでしょう。

ほんの少し勇気をだして……!

ほんの少し勇気をだして……!

1 2 3