堅実女子ニュース&まとめ 在宅勤務は非効率!? 「場を共有する」働き方で、急成長する“コワーキングスペース”

このところ、リモートワークができる環境が進んできたこともあり、カフェやファミレスなどで仕事をする人を見かけることが多くなりました。かくいう私もそんな中の一人です。最近では、カラオケボックスなども、仕事や打ち合わせに使われている話を聞きますので、仕事をする上での場所の制限というのは、これからもどんどんなくなっていくのだろうと思います。

話題の「コワーキングスペース」って何?

話題の「コワーキングスペース」って何?

そんな今どきの仕事場所の一つに「コワーキングスペース」があります。つい先日も、ニューヨーク発のコワーキングスペースとして急成長している「WeWork(ウィワーク)」が、日本に進出してくるのではないかという情報が話題になりましたが、「コワーキングスペース」とは、主に独立して働く個人が、机・椅子・ネットワーク設備などの実務環境を共有しながら仕事を行なう場所。利用者同士の積極的な交流や共働といったコミュニティー作りを促すという点が、従来のレンタルオフィスとは異なる点とされています。

会社のオフィスで仕事をする人にはあまり縁がないかもしれませんが、この「コワーキングスペース」は、レンタルオフィスやシェアオフィスと併設されているものなどを含め、日本でもすでに数多くの場所で運営されています。例えば、ヤフージャパンでは、本社フロアの一部をコワーキングスペースとして開放しており、現在は一日利用に関しては無料ということもあって多くの利用者を集めています。

フリーランスの人々に好まれる理由

個人で仕事をしている人や小規模事業者には、こういう場所を好んで利用している人がたくさんいます。ネットワークが広がって 仕事に役立つということが一番の理由です。業界や仕事内容、所属する組織さえも違っている、まったく関係がない者同士でも、「場を共有する」ということで新しい出会いや何かしらのつながりが生まれて、そこから新しいビジネスやコラボレーションの取り組みに発展していくことがあります。

この「場を共有する」という形とは対極と言ってもよい働き方は、“在宅勤務”になるのでしょう。職住接近が実現でき、無駄な移動をする必要がありませんから、時間を効率的に使うことができます。育児や介護といった家庭の事情がある人にとっては、ワークライフバランスが取りやすい働き方と言えます。

1 2 3