堅実女子ニュース&まとめ だからあの部下は仕事ができない……成長できないサラリーマン、5つの共通点

成長できないサラリーマンに共通することがあります。それは、客観的な自己分析、及び自分を取り巻く環境分析ができないことです。一言でいうと、“思い込み”や“こうあるべき”という固定観念、言い換えれば、自分の価値観をすべての基本の軸にしてしまう習性に縛られてしまっている、と表現していいかもしれません。そのような習性を持つことは、本人の問題であり、本人の責任なのかというと、私は、そうではないと思います。どちらかといえば、人間であれば、誰もが持つ悲しい習性なのだと思います。

ここで成長できないサラリーマンの共通点を5つ挙げます。

1.上司を呼び捨てにしている
2.上司の指示を実行しようとしない
3.目標未達成に対する自己分析及び自己反省がない
4.自分たちの意見が正しいと思い込んでいる
5.自分に都合の良いモデルを選んで、その人に自分を重ねている

成長できる人と成長できない人を分類する切り口が、この5つのチェックポイントにほぼ含まれています。したがって、これらのポイントの意味するところを捉えることができれば、サラリーマンとしての後悔しない生き方のヒントを得ることが可能になると考えます。

1.上司を呼び捨てにしている

一歩間違えばパワハラとして訴えられる現代においては、四の五の言わせず強制的に指導するということが難しくなっています。パワハラで訴えるという武器を得た部下は、だからこそ、自分の考え方と違うアドバイスや忠告、耳に痛い話に対して、真摯に耳を傾けるという姿勢が昔よりも数段上の強さで求められているのです。

2.上司の指示を実行しようとしない

全員が指示通りに業務を遂行している限り、指示の的確性がわかり、継続すべきか、修正すべきか、ということに対して正しい判断が行ないやすくなります。組織をこのような状態にすることこそが、組織メンバーに課せられた健全な姿勢ではないでしょうか。

 

当てはまるもの、ありますか?

当てはまるもの、ありますか?

 

1 2