堅実女子ニュース&まとめ 行儀だけじゃない!? 食事中のテレビやスマホ、栄養学的にみても悪いってホント?

家族そろって食卓を囲むひととき。家族が1つのテーブルに集まって食事をする光景は大変ほほえましいものです。しかし、今や、一家に一台以上のテレビがあり、食卓にテレビを置いてない家を探すほうが難しい時代。「食事中テレビは消す」という家庭も多いと思いますが、「食事中もテレビをつけている」という家庭も少なくないでしょう。テレビを見ながらの食事の是非について考えてみたいと思います。

あなたの家では食事中にテレビを見ていますか?

あなたの家では食事中にテレビを見ていますか?

テレビを見ながら食べているお家はどのくらい?

マイナビニュースの調査によれば、食事中にテレビを見る人の割合は68%。半分以上の人がテレビを見ながら食事をしているようです。その理由で最も多いのは「その時間しかテレビを見る時間がとれないから」というもの。ニュース番組を見ている人も多いようです。他に、家族と放送内容について話をするという意見や、テレビがないと音がないためさみしいという意見もあるようです。

確かに、多忙を極めるサラリーマン世帯などは夕食の時くらいしか、ゆっくりすることはできないでしょうし、この時間にニュース番組で情報を仕入れることができればありがたいと感じるのも無理からぬことだと思います。

しかも、テレビはスイッチを切るまで、何らかの音が流れていますし、番組編成もどことなく自分に話しかけられているような気がするように作られています。テレビが相手ならとくに返事をしなくても、怒りだすこともありませんし、テレビの中で起こっている出来事に怒りをぶつけたところで周りにいる人が不快になることもほとんどありません。テレビは非常にありがたい存在と言えるでしょう。

テレビを見ながら食事するのは健康“にも”悪い?

しかし、以前からテレビを見ながらの食事は行儀が悪いと言われてきました。
テレビを見ることと食事を摂ることの2つを同時に行うのは、行儀が悪いという人もいますが、堅物な栄養学的な言い方をすれば、テレビを見ながら食事をすることで食事に集中できず、食物がうまく消化・吸収できないために、身体にも悪影響を与えてしまいます。そのメカニズムは、

1)テレビに意識が行ってしまい食事に気が回らない

2)テレビに気をとられてしまい、噛むことがおろそかになってしまう

3)しっかり噛んでなくても、口の中に長時間入っていることから、十分噛んだと思い込み、しっかり噛む前に飲み込んでしまう

4)口腔内での咀嚼がしっかりできていないので、胃腸での消化に負担がかかる

5)栄養素の吸収率に影響が出る

というステップです。

実際、テレビを見ながら食事をしている小さいお子さんを拝見していると、口の中に食べ物が入っている状態でテレビに見入ってしまい、噛むことを忘れてしまっているというのは珍しくないように感じます。その挙句、時間が足りなくなり大慌てで食事を食べる……これは身体に大きな負担がかかります。傍で見ていても、あまり気持ちのいい状況ではありませんね。

1 2