堅実女子ニュース&まとめ クサいのは男だけじゃない! ワキガ、ブーツ、オーデコロン…実はこんなにある女性の悪臭

一般的に「悪臭の発生源」と非難されるのは男性です。体育会系の汗臭さ、オヤジ臭、老人臭は男性のイメージが強いですね。確かに、筋肉量も平均的運動量も男性の方が多く代謝が盛んなので、中高年になると皮脂腺から皮脂の分泌が増えて脂臭くなります。しかし、これはある種の「男性差別」かもしれません。「実は女性の方が男性よりクサい」と言えば、世界中の女性から総スカンを食らいそうですが、実はこの主張には根拠もあります。女性も、男性に増して体臭が出やすいのです…。

ニオイケアには気を使っている女性が多いと思うのですが……

ニオイケアには気を使っている女性が多いと思うのですが……

ブーツの中は“殺人ガス”が充満?

女性には生理があり、これに伴う生理臭があります。女性は結構これに気を遣います。また、代表的な体臭にワキガがありますが、ワキガの7割は女性ともいわれます。これはワキガの原因物質を分泌する分泌腺「アポクリン腺」が女性の方が平均的に発達しているからです。アポクリン腺はもともと性腺で、異性を引き寄せる魅惑的なフェロモンを分泌します。腋の下、陰部、乳首の周辺によく発達しています。このフェロモンは香水のような良い匂いでなく、少しムッとするような複雑な臭い。しかしこれが、脳の深部にある大脳辺縁系に直接刺激を与え、動物的な本能を呼び起こします。愛する人との愛の営みで嗅いだこのニオイは心の奥底に突き刺さり、忘れえぬものになるのです。

しかし、不潔な環境で放置されたアポクリン腺の分泌物は、皮膚常在菌の働きでとんでもない悪臭に変化します。これがワキガです。それでもやはり男性の体臭の方が気になるのは、身だしなみの問題かもしれません。女性は一般的に化粧やおしゃれをして「自分」を強く意識します。その延長線上で、体を常に清潔に保とうとする意識は確実に男性より高いようです。

結果、生理臭やアポクリン腺の発達といった“不利”な状況にも関わらず、体臭の目立つ女性が少ないのだと推論されます。しかし、まだ残された重大な問題が二つ。その一つが女性の足のニオイです。足の裏は汗腺が発達し、常に湿った雑菌の繁殖しやすい場所です。女性が履くストッキングは吸湿性ゼロなので、これも悪い材料です。

通常、女性はサンダルや浅いパンプスなどを履くので、それほど問題になりません。ただ、厳重注意しなければならないのはブーツ。最近は暖房完備の場所も多く、ブーツの中は知らないうちに汗をかいています。その上、ブーツの通気性はほとんどないので、雑菌がものすごい勢いで繁殖します。足のニオイを防ぐには、靴は一日履いたら数日乾燥させるのが原則。ブーツを連日履くことも多いようですが、これが大問題です。ブーツでかっこよくきめた女性もブーツを脱いだら、殺人ガスなみの悪臭が周りに大放出。最悪ですね…。せめて2、3足を“ローテーション履き”してもらいたいものです。今ではブーツ専用の乾燥・殺菌器具が売っているので、それを利用してもいいでしょう。

1 2