堅実女子ニュース&まとめ 【働く女の「モテ道場」】初デートで「ラーメン屋」や「チェーン居酒屋」に連れていかれる女性の特徴

現代社会ではたくさん働く女子が、仕事と恋愛のコミュニケーションの違いに悩んでいます。「世の中、ロクな男いないんだけど!?」と嘆くのは、恋愛のコミュニケーションが空回りしている証拠です。彼女らはしばしば、「デートでファミレスやラーメン屋ってどういうこと? ありえない!」と愚痴を言います。「あんなデートなら行かなきゃよかった」「彼は私のことを大事に思っていないのね?」と被害者意識を爆発させ、勝手に怒って相手を嫌いになってしまうんです。「私が好きなら、ステキなレストランのひとつも予約するもんでしょ?」ってね。これがまず、大きな間違い。今回は、あなたの行きたくないお店にデートで連れていかせない、“先手必勝”の方法をお伝えしましょう。

コミュニケーションのコツさえつかめばより楽しいデートに!

コミュニケーションのコツさえつかめばより楽しいデートに!

ダメ出しの「後出し」はご法度です

早速ですが、気になる相手と二人で出掛けることになったとします。デートの行き先について、相手にどう伝えますか。

A「どこでもいいよ」
B「ショッピングか、映画か、あなたが行きたいところ」

賢明な読者のみなさんは、きっとおわかりですよね。答えはBです。

相手に「おまかせ」した以上、相手の選択にケチをつけるな! というのが私の意見です。ビジネスのコミュニケーションも同じ。たとえば、「おまかせ」のオーダーから「働く女性向けのPR案」を考えたのに、「あ、おまかせとは言いましたが、『ファミリー層向け』を想定していたのでイチから修正してください」と言われたら、うんざりしませんか? 「条件があるなら、はじめから言ってよ……」と思いますよね。恋愛も、仕事も、ダメ出しの「後出し」はご法度。

とはいえ、Bの文例で答える場合も注意が必要です。ポイントは「どちらに転んでも良い選択肢だけ伝える」こと。ビジネスの場合、「松竹梅の予算別」や「女性向け、ファミリー向けなどのバリエーション」を提案する機会が多いかもしれません。でも、恋愛の場合は違います。あなたは提案者であると同時に、クライアントでもあります。「自分ファースト」な選択肢“だけ”を提案しましょう。

それに加え、男性は「仕切られている」と感じるのを嫌がりますから、「あなたが行きたいところ」を可愛く付けたすのもポイントです。男性があなたの嫌がる場所を候補に挙げたらどうするんだって? 大丈夫、恋愛でそんなに自己主張する男性、めったにいませんから。「希望に沿います」という男性がほとんど。あるとすれば、「ウチにくる?」くらいでしょうか? いきなり自宅デートは「ラブホテル行き」とほぼ同義なので、「うーん。先に“好き”にさせてくれたらね!」とでもあしらっておいてください。

1 2 3

Ranking

Information